FC2ブログ

「『気休め』下さい!キャンペーン」実施中!!

2019年度放送大学教員免許更新講習・冬期講習の受講申し込み期間が終了しました。
いよいよ来年の2月29日(土)・3月1日(日)の修了認定試験に向けて、険しい道程の始まりです。
冬期講習は、受講確認入力期間が、2月1日から2月18日までと、たったの18日間しかありません。それも学年末を控えた日常業務に超多忙な中での受講です。30時間の講習をこの期間に終えるだけでも指南の技と言えるでしょう。
でも、大丈夫です。このブログに辿り着いた受講生のみなさんには、過去数百人、いや数千人にも及ぶ、先輩受講生諸氏が、「効率的な受講の仕方」や無事免許更新を終えるためのノウハウを指南してくれます。
そしてこの管理人が、ほっておいても免許更新はできるけれど、チキンなのせいで不安で夜も眠れず昼寝をしてしまう、という方々のために、とっておきの「気休め」を差し上げます。

ということで「『気休め』下さい!キャンペーン」の始まりです!
昨期までは「お友だちキャンペーン」と銘打っていましたが、今期からネーミングを変えました。
これまでもそうだったようですが、受講生の皆さんの中にはせっかくブログに辿り着いても、「『お友だちキャンペーン』なんてなんか怪しい」とか「だまされてお金巻き上がられるかも・・・」という不安で、応募を躊躇したという方が少なからずいらっしゃったようです。
現代のネット社会ではこういう警戒心を持つことはとても大事なことです。ただ、「もっと早く応募しとけばよかった」という後悔の声もあることも確かです。
今期、少しでもこの「ハードル」が低くなるようにと、あれこれ思案してこの「『気休め』下さい!」になりました。なんか、そのまんまだし、「お友だち」と怪しさは大して変わらない、いやますます怪しくなった、などなど、いろいろとご意見もございましょうが、今期はこれでいきますね。
そうです、管理人は受講者のみなさんに、ただの「気休め」を差し上げているにすぎないのです。でもたかが「気休め」されど「気休め」。このブログに集うみなさんは、何事にもまじめに取り組むだけに、「更新できなかったらどうしよう」という不安や疑心暗鬼も半端ないものがあります。こうした、このブログで言うところの「愛すべきチキン」のみなさんには、何はともあれ「気休め」が必要なんですよね。
「気休め」がほしい方、一歩踏み出して、是非ご応募下さい。

夏には、あっと驚く必修科目・「教育の最新事情」と「教育政策」のリニューアルが行われ、今期もその影響がまだ残るという、なかなか苦しい状況にあります。ただ、昨夏に新設された3つの新科目(「カリマネと学校経営」・「外国語教育」・「幼児教育」)は1年経って、無事、「過去問モード」に突入しました。このブログに辿り着いた受講予定のみなさんには、昨夏までの先輩受講生よりも有利なたたかいになるのではないかと予想されます。
みなさんの先輩受講生が、この「災い」と「試練」を楽して乗りこえるヒントを残してくれています。下記をのぞいてみてください。ご自分に合った受講スタイルが見つかるかもしれません。

先輩受講生からのアドバイス

超多忙の中の短期決戦となる冬期講習。今から少しずつ準備をすれば、快適かつ楽勝に乗り切れること、間違いありません。

前置きが長くなりましたが、ここからがホントの「『気休め』下さい!キャンペーン」です。

管理人に「『気休め』下さい!」って叫んでみませんか?
叫んだ方には、管理人が不安いっぱいの教員免許更新講習と修了認定試験を乗り越えるお手伝いをさせていただきます。


叫ぶかたは
メルアド付(必須・携帯メール不可)でこの記事にコメントを返してください。タイトルはもちろん「『気休め』下さい!」
「管理人のみ閲覧可」でお願いします。

また、コメントでは必ず「選択科目」(「選択必修科目」も含む)をお知らせください。

お待ちしています。

尚、管理人は叫ばれた方すべてにお応えしています。
もし、2日以上経過しても管理人からメールが届かない場合は、以下のことを確認し、必要に応じて別のメールアドレスで再度お申し込みください。
①メールアドレスを教えてくれているか。
②メールアドレスが間違っていないか。(全角・半角の間違い多し!)
③hotmail等、うまく受信できない場合があるメルアドではないか。
④大きい容量の添付ファイルが送れない携帯メールアドレスではないか。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ