FC2ブログ

大自己採点大会(2) 教育政策と学校の組織的対応


さて次は、必修科目と同時にリニューアルされた「教育政策」です。
この科目については選択者がたまたま少なかったのか自己採点を寄せてくれた方が他の科目に比べて少なかったようです。

教育政策
土曜日


問1  3 過去問
問2  4 過去問
問3  4 過去問
問4  1 易
問5  4 易
問6  3 普
問7  1 易
問8  3 普
問9  4 易
問10 1 過去問
問11 2 超難
問12 1 易


解説
問4 「同僚性」について過去問の選択肢をひとつ変えたヴァージョン
問5 「これからの学校と地域との関係」について過去問の選択肢をひとつ変えたヴァージョン
問7  公務分掌の公務は「校務」の校正ミス
問11 この問題は、以下の過去問の③の選択肢を変えたものです。
次のうちから,正しいものを選べ。
① 学校教育法第37条では「校長は,校務をつかさどり,所属職員を人事管理する」と規定している。
② 学校教育法第37条第2項によれば,学校に「副校長,主幹教諭,指導教諭,栄養教諭その他必要な職員を置くことができる。」とされる。
③ これからの学校は積極的に情報を保護者や地域住民に公開し,協働責任を果たしていかないといけないとされる。
④ 教育基本法第21条に9年間の義務教育の目標規定が定められた。


①は「人事管理」ではなく「監督」、④は教育基本法に21条はありません。③は、「協働責任」ではなく「説明責任」でなければなりません。ということで、
この正四択問題の正解は、②となります。
今期、この問題の変形として出題された③の選択肢は以下の通りです。
③ これからの学校は積極的に情報を保護者や地域住民に公開し、保護者とチームを組んで、子どもの教育に当たらないといけないとされる。
「協働責任」の部分を、「保護者とチームを組んで、子どもの教育に当たらないといけない」に変えて出題されたものと考えられますが、これではこの選択肢が正解選択肢のように受け取れかねない内容となってしまってます。
事実、コメントで自己採点結果を寄せていただいた受講者の方はお二人とも③を正解選択肢として選んでいます。
この問題、どうなっちゃっうんでしょう?

問12 「組織的対応」について過去問の選択肢をふたつ変えたヴァージョン


日曜日

問1  4 過去問
問2  4 過去問
問3  3 易
問4  3 易
問5  2 過去問
問6  3 易
問7  3 普
問8  3 過去問
問9  1 易
問10   2 易
問11   2 易
問12   3 易


解説
問3 ユネスコ報告書の「学習の4本柱」についてはテキストに触れれらていないようですが、講義では説明があったのでしょうか?
問4 「不登校支援の組織的対応」について過去問の選択肢をふたつ変えたヴァージョン
問6 現在のいじめの定義では、選択肢④の「継続的に」はなくなっています。
問7 正解の間違い選択肢は他の過去問にあり。
問10 選択肢④の、厚生労働省の調査による2017年度、18歳未満の子どもがいる世帯の割合は、テキストにのっていません。これも講義の中での内容でしょうか?
問12 過去問の選択肢をひとつ変えたヴァージョン


総括:リニューアルされた「教育政策」ですが内容的にはかなり旧ヴァージョンを引き継いでいるので、予想どおり土曜日・日曜日問題でそれぞれ4問ずつ過去問から出題されました。
さらに、解説にありますように、土曜日問題で4問、日曜日問題で2問、それぞれ過去問と関連した問題が出題されました。
ですので、この科目につて言えば、過去問を一通り見直した方は、リニューアル科目ながらかなり落ち着いて試験が受けられたのではないでしょうか。
今後もこのような傾向が続いて、来年の夏から完全過去問モード突入になる見込みです。
さらに、もうひとつだけ、この科目の出題の特徴を指摘しておくと、
土曜日は1章~4章から2問出題、日曜日は5章~8章から2問、それぞれ出題されました。
過去の例からいくと、この規則性がそのまま継続するとは限りませんが、来期、一応念頭に置いておいた方がいいのかもしれません。

次は、期待通り、全面過去問使い回しモードに突入したらしい、「学校経営」、「外国語教育」、「幼児教育」の答え合わせです。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

解答ありがとうございます!!教育政策が一番自信ありませんでした。結構、間違っています‥(^◇^;)合否が、不安です(^◇^;)

日曜日組です

うつしていなかったので怪しいですが、全問正解のようです(๑•̀ㅁ•́๑)✧

ホッとしました!
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ