FC2ブログ

ブログFAQ よくあるご質問とお答え

お友だちキャンペーン実施中!

緊急連絡! 「幼児教育」の受講生の皆さん、下記の過去問の解答、プレゼントに差し上げた資料(「カード」も含む)の解答が間違っていましたのでお知らせします。

問 幼保連携型認定こども園について述べた次の記述のうちから,適切でないものを選べ。
① 幼保連携型認定こども園は学校と児童福祉施設の両方の役割をあわせもつ施設であり,教育基本法第6条に定める「学校」として位置付けられている。
② 幼保連携型認定こども園は,自治体においては教育委員会ではなく,首長(知事・市町村長)が所管することになっている。
③ 幼保連携型認定こども園の職員については「幼稚園教諭免許状」と「保育士資格」の両方を持つ保育教諭の資格を有することが求められているが,一定期間は経過措置が設けられている。
④ 幼保連携型認定こども園は,国,自治体,学校法人のほか,社会福祉法人や株式会社,特定非営利活動法人(NPO)も設置することができる。

解答は、④です!(②ではありません!)
(前期の「大自己採点大会」の日曜日・問11の解答は合っています。)

大変失礼を致しました。訂正をお願い致します。

注意! 「お友だちキャンペーン」にご応募の際、応募の仕方・注意事項をよくお読み下さい。(特にメルアド)焦るお気持ちはよくわかりますが、「管理人から返事が来ない!」と嘆いて逆にストレスを増幅させるという結果になってしまっては元も子もありません。

このブログに辿り着いた受講者のみなさんからよくいただくご質問とそれへのお答えをまとめてみました。(一部お答えになっていないところもあります。mOm)

Q1:今期、一部の科目で内容の改訂があったということですが、どういう影響があるのですか?

A1:内容の改訂があれば、修了認定試験の出題にも影響があるわけですが、ゼロからのスタートの受講生にとってみれば特に影響があるというわけではありません。ただ、修了認定試験は過去問ベースで出題される傾向が強いので、そのことを承知で対策を取ろうとする受講生のみなさんにとっては、科目・章によっては過去問があてにならなくなるわけですから、その意味で影響が出てきます。管理人が、各章の変更点のまとめとそれにかかわるオリジナル予想問題を作成し、ブログの「傾向と対策」に掲載していますのでご参考までに。


Q2:育児と家事で講座を視聴する時間もままなりません。修了認定試験に向けて効率の良い対策法を教えてください。

A2:「効率のよい対策法」については、先輩受講生が「裏技」なるものから「正統派」のものまで、ご自身の体験からいろいろな対策法をコメントとして残してくれています。是非そちらをご覧いただき、ご自身にあったものを見つけて下さい。
先輩受講生からのメッセージ
管理人からの「もっとも効率的な対策」としてのアドバイスは、実際に試してみる「勇気」があるかどうかは別にして、講義の視聴は早送りで「確認」のみ、テキストも見ず、何の試験対策もしないで修了認定試験を受験する。つまりフツーの生活をそのまま維持して、「視聴確認」と「修了認定試験」をある意味イベントとしてだけ行うこと、です。
これでもおそらく80%は合格します。なぜなら、修了認定試験の問題は「常識」の範囲内で答えが導き出せるものが多いからです。(「対策エトセトラ」参照)
ただ、「常識」とは言っても人それぞれでその定義や範囲は異なります。例えば教育現場にいらっしゃる方とそうではない方の間にもこの「常識」には違いがあるかもしれません。失敗する可能性20%がどこから来るのかというと、こうした個人による「常識」のズレと、出題される問題の中には、やっぱり講義を聴いたりテキストを読み込んだりしなければ解けないものがある、という事実です。たまたまうっかりミスと本気でわからない問題が重なり、その数が多くなってしまうと不合格となる可能性がないわけでありません。
そんなこと言われたら「無勉」なんて冒険、できるわけない、とお思いでしょう。いやもともと愛すべきチキンの持ち主の皆さんにはそんなことに挑戦する勇気はないでしょう。
あらためて管理人が推奨する「効率的な対策」は、科目ごとの2つのグループに分けると以下の通りです。


グループ1:「教育の最新事情」・「教育政策」・「学校経営」・「外国語教育」・「幼児教育」
1.「居眠りしながら視聴確認」→2.「テキスト2,3回読む」→3.「ひたすら過去問を解く」
今回は、「教育の最新事情」と「教育政策」などに大幅なリニューアルがあり、また昨年夏に新設された「学校経営」・「外国語教育」・「幼児教育」は、今期から過去問モード突入が期待されつつもどうなるかは未知数ということで、2のところを厚くしてみました。特に、ブログでご案内した「リニューアル部分」に注目して読むことがポイントです。

グループ2:「生徒指導」・「スクールカウンセリング」・「情報教育」・「環境教育」
1.「視聴確認」→2.「ひたすら過去問を解く」
シンプルにこれだけでOK!


Q3:「過去問」はどこで手に入りますか?

A3:「過去の試験問題を見ることはできません。」???
これは放送大学のFAQでの公式見解です。
「修了認定試験」が終了して1週間後くらいに受講者だけがご自分の受講ページで出題された問題を閲覧・ダウンロードできるようになります。が、放送大学は過去問を公表してはいません。過去問が見られるのはネット上へ「流出」されたものに限られてきます。それがこのブログというわけです。以前は、問題用紙に「著作権法により私的使用以外での複製、転載等は禁止されています。」という表示がありましたが、今はありません。なので、「著作権」の問題については以前ほどナーバスにはなっていません。ただ、いつ何が起こるかは予測がつきません。ある程度楽観視できるのは、このブログが放送大学にとって受講者確保と合格率を高めるのに一役買っていることには間違いないと思うからです。(放送大宅からお礼を言われたことはありませんが)
で、ここからが本当のA3です。

A3:過去問は、基本的にはブログ右側のカテゴリー内の「○○○○年度〇期講習・傾向と対策」の記事内にあります。過去の分すべてをみなくても、2016年夏期講習(大幅なリニューアルがあった期)の「傾向と対策」からで十分対応できます。
もっと手っ取り早く過去問を入手したいのなら、管理人と「お友だち」になることをお勧めします。「お友だちキャンペーン」についての疑問などには次のFAQでお答えします。



Q4:「お友だちキャンペーン」って何ですか?ネット上で知らない人とコンタクトを取るのはちょっと怖いです。悪質な詐欺にひっかかるような気がして・・・

A4 そういう警戒心を持つのは今のネット社会、とても大事なことだと思います。管理人とお友だちにならなくても、A3にあるように、このブログ内で必要な過去問情報などはゲットできます。ですから、あまり無理をして申し込む必要はないと思います。
ただ、お友だちになれば、まとまった情報がそれこそ「効率よく」入手できます。何故、「お友だち」かというと、放送大学の先の「著作権法により私的使用以外での複製、転載等は禁止されています。」という文言を逆手に取って、「これは『お友だち』という特定の個人への『私的使用』だからOK」という勝手な言い訳をするための苦し紛れの策なのです。それにしても、管理人も、みなさんとまるで本当のお友だちになれたような気持になれるのも確かです。逡巡されている方、ちょっとだけ勇気を出して申し込んでみたらいかがですか?


Q5:「お友だち」になるとどんないいことがあるんですか?

A5:過去の問題の実物例や、これまでのすべての過去問とその解答、出題傾向など、「お友だち」ならではの情報がゲットできます。お友だちですから何か質問があればすぐに管理人が直接メールでお答えします。
テキストがない「外国語教育」の受講者は、先輩受講者が作成した珠玉の講義メモもゲットできます。下手なテキストよりもよっぽど役に立つと評判な優れものです。お友だちにはなりたくないけれど、メモだけはほしいという方にも差し上げています。



Q6:ブログの中でたまに見かける「なんちゃらカード」って何ですか?どうしたら手に入れることができますか?

A6:それは、このブログのミステリーです・・・
「お友だちキャンペーン」に応募した方のみがその正体を知ることになります。 ただしそれをゲットするにはとてもとても高いハードルがあります。「校庭10周、1分で走ってこい!」ってくらいの高いハードルです。でもこれをゲットしたら、もう鬼に金棒、受講生に「なんちゃらカード」。さあ、あなたは、その高いハードルを乗り越えられるか???



Q7:放送大学での免許更新の「都市伝説」って何ですか?

A7:私も含めて放送大学の修了認定試験を受験した方の中には、成績通知書が届いたとき、「あれっ?もっと低い評価だと思っていたのに」と意外な高評価に自分でも驚いた、という経験をした方が何人もいらっしゃいます。そうすると、もしかしたら放送大学免許更新の合否は、修了認定試験の点数だけが評価基準じゃないのかもしれない、という疑問が湧いてくるわけです。そのことについて考察し、導き出されたのがこの「都市伝説」です。ブログ上で何度も話題にしていますが、直近の下記の記事をご覧ください。
修了認定試験の採点基準にかかわる『都市伝説』 
これを読めば、少しは気休めになるかもしれませんよ。



Q8:修了認定試験は、やっぱりちゃんとした服装で受験したほうがいいのでしょうか?

A8:大丈夫です。普通に外出できる服装ならなんでもOKです。特にドレスコードみたいなのはありません。中には短パン・Tシャツで受験された方もいて、他の受講生のひんしゅくをかっていたということもありましたが、管理人としては全然大丈夫だと思います。(服装にかかわる価値観の多様性の範囲内?)
官製研修じゃあるまいし、お金出してこっちから受験してやってんだし、他人に不快感を与えない服装なら何でもありだと思います。中には服装が合否に影響を与えるかもしれない、などとご心配される向きもありますが、試験官はそんなこと気にしていませんし、権限もありません。普段着で大丈夫です!



Q9:「外国語教育」にはテキストがありません。直前の準備としては何をすればいいのでしょうか?講義を視聴し直す気力も時間的余裕もありません。

A9:「外国語教育」(正式には「小学校外国語教育教授基礎論」)は、昨年夏に新設された科目です。それまでの「外国語学習」を引き継ぐ部分もありますが、学習指導要領の改訂で3,4年生に「外国語活動」が降り、新たに「外国語教育」が5,6年から始まるということで、かなり内容的にはプラスされているようです。ただ、非常に残念なことにテキストがない、試験対策が取りにくい科目となっています。
ところがそんな中、昨夏、「ねんねこ様」と「My様」というお二人の受講生の方々が、それぞれ授業メモをつくって管理人に送って下さいました。そして、それをみなさんで共有してもいいという許可をいただきました。非常にわかりやすくまとめられていて、講義を視聴するよりもわかり易いんじゃね?といわれるくらい質の高いメモです。結果、これらのメモが多くの「外国語教育」選択の受講生のお助けグッズとなりました。まさに「地獄に仏」、「『外国語教育』に『ねんねこメモ』・「Myメモ』」でした。
A5にもありますが、これらのメモはお友だちキャンペーンに応募するだけで(お友だちになりたくなくても)ゲットできます。
「ねんねこメモ」と「Myメモ」をつかって修了認定試験に向けた準備をされることを推奨します。


以下、また何かあれば追加します。
To Be Continued…


お友だちキャンペーン実施中!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

都市伝説めちゃくちゃ安心しちゃいました。
常に有益な情報をいただき感謝です!

Re: 質問です。

> いつも色々な情報をくださりありがとうございます。
>
> 教育の最新事情が今回大リニューアルされたとのことでかなり不安にかられております。過去問が全く使えない章や講師が変更になった章など、ほとんどの章で変更があっていますよね…
>
> ふと疑問になったのですが、
> 過去に大リニューアルがあった科目で、1問も過去問から出題されなかったことなどあるのでしょうか?
> 今回、教育の最新事情においてもし過去問だけしかしていなかった場合1問も解けない…なんてことあるのでしょうか?
>
> ご回答いただけたら幸いです。
> よろしくお願いいたします。

ご質問、ありがとうございます。
過去のリニューアルにおいて、講師が変更になった章は当然テキストの内容も異なり、出題される問題も全く変わります。
ただ、その場合も、「常識の範囲内」で解答できる問題が60%以上を占めているため、めったなことでは不合格になることはありませんので、ご安心下さい。
とは言ってもそんなに簡単に安心できない気持ちはわかりますが。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ