FC2ブログ

大自己採点大会(9) 幼児教育の最新事情と展望

幼児教育の最新事情と展望



問1 3(普)
問2 3(難) 
問3 2(易)
問4 2(易)
問5 4(易)
問6 3?(難)

OECDは幼少連携の重視を言っていますが、「非認知スキル」に触れているかはテキストを読む限りでは定かではないので?

問7 1(易)
問8 3(易) 
問9 2(易)
問10 3(難)
問11   3(易)
問12 3(難)



問1 4(易)
問2 4(普) 
問3 4(易)
問4 2(普)
問5 2(易)
問6 3(易)
  早くも過去問登場!
問7 2(難)
問8 3(難) 
問9 2(易)
問10 3(易)
問11 4(難)
問12 4(難)


「幼児教育」、相変わらず難易度の高い問題が多いです。その中でもかすかな希望が、日曜日の問6に昨夏の過去問が出されたことです。一刻も早く過去問モードにはいることが期待されますね。


以上で、今期の「大自己採点大会」を終わります。
管理人の間違いをご指摘くださったみなさん、ありがとうございまいした。

4月、桜の咲く頃、
どなたさまの心にも「合格」という満開の桜が咲くことをお祈りしています!
ご心配なく。
「都市伝説」は「ドジ伝説」化していますから!
(なんのこっちゃ)
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

4.4.4.2.2.3.3.3.2.3.2.4でした!!やたら番号が続くので間違いかも?と何回も確認しました(笑)

早速模範解答ありがとうございます!全部採点終わりました。1つ不安な科目もありましたが、それ以外は大丈夫そうです。ドジさんとお陰です。

幼児教育(土曜日)の回答ですが

問2 3
問12 3

が正解ではないでしょうか?
ご検討お願いします。

Re: タイトルなし

クロパグさま

ご指摘ありがとうございます。
問12は3の間違いでしたので訂正いたします。
申し訳ございませんでした。

問2は、私も3か4かで迷って4にしました。
4の「使用されないものを除くこと」の意味が?だったからです。
3の「見守る」というのはどうなんだろう?と思いましたが、
まあ「見守る」は積極的な意味も含まれているとして〇にしました。

クロパグさまが3になさった理由をお聞かせいただければうれしいです。
よろしくお願い致します。
他の方でもご意見があればお願いします。

ドジ

No title

ドジさん、お疲れ様です。日曜日の幼児教育の解答ですが、
問11 は、④ではないでしょうか?幼保連携型認定こども園は株式会社は設置できないのでは?

Re: No title

みーさま
ご指摘ありがとうございます。
その通りです。
訂正しておきました。
ただ、②が間違っているのは「教育委員会の管轄だから」ということでよろしいんでしょうか?
教えて下さい。

ドジ

No title

こんばんは。
模範解答ありがとうございます。ドジさんのおかげで3科目は多分満点です。本当にありがとうございました。

問2は、私も3だと思いました。
「使用されないものを取り除く」というのは、使わない道具などはしまっておくことでケガの防止や集中させたいものに意図的に仕向けるためだと考えます。

「見守るだけ」というのは、テキストにもありましたが、保育士自身がモデルとなることや子供同士のトラブルが起きた場合には関わることが必須なので、間違いではないかと判断いたしました。

素早い返信ありがとうございます。
丁寧に対応してくださり感謝感謝です!

問2が3だと思った理由ですが
ひーちゃんさんと理由は同じで
テキストに

環境は準備しておくだけではなく,使用されないものを除くこともまた自由に使える空間を広げることにもなる

教師も環境の1つとして、時にはモデルとなって関わることで、子どもは関心をもったり創意工夫をした使い方をして関わることができたりすることも生まれる

という記述があったからです。

Re: タイトルなし

ひーちゃんさま クロパグさま

わかりました!
了解です。
テキストに書いてあるんですね。
ちゃんと読んでいないことが証明されちゃいました。
もう分けございません。

この後、訂正をさせていただきます。
ありがとうございました。

ドジ

お世話になりました

ドジさんのおかげで、マークシートの塗り間違え(笑)がない限り、5科目全て満点だと思います。本当にお世話になりました。ありがとうございました(^ ^)
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ