FC2ブログ

あなたは一人ではない!

ふっ。なんとか今期の「傾向と対策」を一通りみなさんにお示しすることができました。解答が間違っている個所があるかもしれません。不審な解答にお気づきの方は、これまでのように是非コメントにてご指摘ください。
さて、私としては「傾向と対策」を終えるのが、いつもよりは早かったと思っています。それもこれも、8月に入ったら公私ともに忙しくて、みなさんをサポートできないというやむにやまれぬ状況にあったからです。特に8月の4日から12日の9日間あまりは、ブログにアクセスもできない状況になるだろうと覚悟しています。
そこで、みなさんにお願いがございます。今期もたくさんの「腹心の友」ができました。このブログは放送大学でなるべく楽して教員免許更新を終えようという方々のコミュニティーです。私と個々の関係だけではなく、みなさんも相互に「腹心の友」になっていただきたい。つまり、相互の助け合い、励まし合いをしてほしい、ということです。皆さんの中には、子育てでおちおちパソコンの前に座っていられない方、教職を離れて随分と時間がたってテキストの内容が頭に入ってこないという方、さまざまな状況の中でそれでも何とか免許更新しようと藁にもすがる思いで頑張っておられる方がたくさんいらっしゃいます。困ったことやわからないことがあったら、どんどんヘルプの声を出してください。愚痴もこぼして結構です。そしてそういう声にみなさん、是非応答してください。みなさんの一言が、ひとりで孤独な闘いを強いられている方にとってどれだけの励みになることか。
私がこのブログにアクセスできない期間にこのブログがそういう「相互ケア」のコミュニティになることを心から願っております。
 ところで、 「腹心の友」、このことばがここしばらくの間に随分と手あかのついたことばになってしまいまいした。(朝ドラからもらったのに…涙)とても残念でなりません。この言葉を貶めた張本人が、何を隠そう教員免許法を改悪してこの教員免許更新制度をつくった張本人です。先日、この制度ができる前に、おそらく教育再生会議のメンバーと思える人と前文部事務次官(当時は課長)の前川さんが、教員免許制度について議論している議事録というものをネットで読みました。委員の方たちは「今の制度でちゃんとした教員が育つのか、その『エビデンス』を示せ」と盛んに言います。前川さんは「何故ですか?」「今の制度のどこが悪いんですか?」と問い返します。「いいか悪いか判断できないからエビデンスを示せと言ってるんだ」と委員は言います。「意味がわかりません」みたいな感じで前川さんは返します。このやり取りがずっと続きます。前川さんは、教員免許更新制度に反対だったんだとよくわかります。何故教員免許だけ期限付きにして更新しなければならないのか。今の大学生は教員免許を取得するために50単位以上の教職や教科にかかわる単位を取得しなければなりません。介護等の体験も義務付けられています。いろいろなものを犠牲にして必死の思いで教員免許を取得してもそれが期限付きだなんて・・・。教師の仕事は新しい生徒、新しい状況との出会いで毎日が研修のようなものです。それでも尚、新しい知識や情報が必要というなら、多忙化を解消し現職研修を充実させればいいんです。お金を出して免許の更新なんてする必要はないのです。現に、30%の教師(教育委員会・管理職・優秀教員表彰者)は免除願を出して更新が免除されているじゃあありませんか。
 「腹心の友」ということばを汚した人の、教員免許更新制度導入のねらいははっきりしています。当初「不適格教員の排除」という嫌な響きのことばを使っていましたが、だんだんはっきりしてきたのは、「自分の考え方にそぐわない教員を排除できる制度」づくりのためではないかということです。上の言うことに忠実で、「愛国心」を謳う教師(以前の籠池さんのような)ばかりにしたいのかもしれません。「こんな人たち」に教員をさせておくわけにはいかないと思っているのでしょう。
 「息をするように嘘をつく」人が、国の政、そして教育も自分の意のままにしようとする、こんなことで子どもたちはまともに育つのでしょうか。ううっ、怒りが込み上げてきた。
 なんか、久々に語っちゃいましたね。でもね、こういう「怒り」をエネルギーに換えて今までブログ更新をやってこれたという面も正直言ってあるので、たまには語らないと・・・ね。

では、私の留守の間、ほんものの「腹心の友」のみなさん、よろしくお願い致します。
あなたは一人ではない!
あなたの周りには、たくさんの腹心の友がいます!
不合格なんて、おてんとうさまが許してもこのドジさんが許しません!!
あなたは、必ず合格します!!
テキトーに頑張りましょう!!!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます。

こんなに早く対策を出してくださるなんて・・・ドジ様、本当に感謝いたします。
政治も、わけわからないことであーだこーだやってて、腹立たしいです!
もっと、やることあるんじゃないの!って突っ込みたくなりますよね。
教員免許も、スクールカウンセリングや生徒指導を見てみると、言われなくてもやってるし!と思ってしまいます。この更新も確かに大事なんでしょうが、更新に費やす時間があれば、対生徒や対保護者にもっと使えると思うとちょっと本末転倒のような気がします。
とは言ってもなくはならないので、ドジ様のお心を無駄にしないように
したいと思います。
皆さん、頑張りましょう!!!

No title

毎日暑く、忙しい中、ありがとうございます。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この意味のない更新制度はいつなくなるのだろうかと心底おもいますね。

授業をきいていても、これは現役大学生向けの教授による教授のための講義だから、現職にも、復職希望にも、「不適格教員の排除」にも、全然役にたってないなーっていう感想しかわきませんでした。

管理人さんがおっしゃるように、がんばってる現職がむくわれるような現職研修を充実させてほしいなっておもいました。

それでもやらなければならないこの現実!!
みなさん、がんばっていきましょう!

受講確認は8/8まで!

Re: そう、腹心の友

「花子とアン」ですwww
「おひさま」も見てましたが。
ドジ

アンか〜〜〜

あ〜〜!
そうか!!
アンでしたか。
いきなり誤回答で失礼しました。
やっぱり記憶が不安…。

免許更新について色々なレベルの情報をありがとうございます。
不勉強で背景について何も知りませんでした。
良い刺激をくださって、感謝します。

「腹心の友」の名に恥じぬよう、ちゃんと勉強して不安な記憶力に鞭打って、時間がかかっても全部の基準をみたし、認可、じゃなくて合格を勝ち取りたいと思います。








ありがとうございます

今日で(おそらく)講習が一通り終わりますので、明日からは予想問題等で対策をしていきます。『腹心の友』の名に恥じぬよう、衰えつつある記憶力と戦いながら、何とか合格するつもりです。

お返事、ありがとうございました!添付資料を最大限生かして見せます!

過去問頑張ります!

腹心の友でいただいた過去問と子どもたちが寝た後で夜な夜なにらめっこしています。テキストを見ても答えが自信ないのですが、答え合わせはどこを見たらできますでしょうか?パソコンも不慣れで、主人に印刷してもらったのですが、答えが見当たらなくて(>_<)
教えていただけたら嬉しいです。

Re: 過去問頑張ります!

aaliyahsaさま

エクセルファイルのことをおっしゃっておられるのでしたら、ファイルの下にあるそれぞれの科目名のシートの右側にあるシートが解答です。開くと何も書かれていない!というものもありますが、スクロールすると出てきますのでよろしくお願い致します。

答え合わせできそうです!

返信ありがとうございます!
エクセルファイル、見られました!無事に答え合わせできそうです^_^
ありがとうございます!

昨年夏受験しました。アドバイス

昨年夏土曜受験でした。いきなり12問。(前回まで8問)

テキスト印刷し、高速で5科目すべて聞きました。5科目余裕合格。
そこでわかったこと。

1.このブログの傾向対策を過去3年分3回解く。(3回解くのが大事)
2.過去問を2年分4回を3回解く。(無ければ仕方ない)

1回目はぐちゃぐちゃですが、3回解くと出題の内容がわかります。
テキスト読みや聴講より効果が絶大です。
8割近くが、ほぼ過去問の使い回しだからです。

もし次、放送大学で受験するなら、ドジさんだけで勝負して余裕合格できる自信があります。
時間のないあなたはそうすべきです。保証します。(責任はとりません)
科目は「最新」「生指」「SC」「環境」「情報」でした。

Re: 教えてください

めい さま

ご質問の意味がよくわからないのですが、間違っていたらごめんなさい。
腹心の友のプレゼントの3月4日の第5章の問題(ふたつの内最初の問題)の問題文は「適切でないものを選ぶ」誤四択の問題となっています。「ファイル」とおっしゃるのは、私がブログにアップした「傾向と対策」だとすればの第5章の予想問題5は「正しいものを選ぶ」正四択の問題です。プレゼントと同じものは、その上の予想問題4で「適切でないものを選ぶ」誤四択の問題となっています。
めいさまの勘違いでしょうか、それとも私がめい様のおっしゃることが理解できていないのか・・・・
すいませんがわかりません。
「ファイル」が何を指すのか教えていただければ理解が深まりと思います。
ドジ

Re: 伝え方が悪くてすみません

めいさま

おかげで、私の大きなミスに気が付きました。
まず第1は、春の3月4日の教育の最新事情・第3章の問題を、過去問と勘違いしてしまったと点です。
選択肢は微妙に違っていてしかも「誤四択」と「正四択」の違い。
さらに、もうひとつ、これら出題可能性のある問題を「傾向と対策」に入れてなかったという点です。

いやあ、めいさまのご指摘の意味がわからなくて迷走しましたが、ようやく自身のミスに気が付くことができました。
めいさまに心からお礼申し上げます。
そしてこのことは大きな問題ですので、記事として取り上げたいと思います。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ