FC2ブログ

学校経営(8)

問8 
この章は、学校評価にかかわる問題が出題され、難易度は高いです。出題項目としては、1.「学校評価と教員評価」、2.「学校評価ガイドライン」、3.「学校評価」、4.「第三者評価」5.「学校評価の改善点」が出題されてきました。前回は、1と4の過去問が出題され、2のテーマの新傾向問題が出題されました。この章の、特に、「学校評価」、「関係者評価」、「第三者評価」それぞれの目的と相互の関連は大変むずかしいです。管理人も文科省の「学校評価ガイドライン」を読んでようやく理解できた問題もあります。でも、過去問を覚えれば大丈夫です。

予想問題1 次のうちから誤っているものを一つ選べ。
① 学校評価は,年度末に一年間を振り返るというスタイルで長年にわたって学校内部で実施されてきた。
② 1998年,中央教育審議会答申「今後の地方教育行政の在り方について」は,各学校は、自己評価結果を,教育委員会に説明する必要がある,と提言した。
③ 2000年,教育改革国民会議報告「教育を変える17の提言」は,外部評価の導入を求めた。
④改正学校教育法及び学校教育法施行規則には,説明責任への対応,保護者・地域住民の学校評価への参加,評価結果の公表などが盛り込まれた。


予想問題2 次の各文の中で適切でないものを一つ選べ。
①第三者評価は、外部の専門家を中心とした評価者によって、教育活動その他の学校運営の状況について行う評価のことである。
②第三者評価は、学校関係者を評価者に加え、学校関係者と第三者評価の両方の性格を持つ評価を行うことは原則として認められていない。
③第三者評価は,学校とその設置者が必要であると判断した場合に行うものであり,法令上は、実施義務や実施の努力義務を課すものではない。
④第三者評価の結果をうけ、設置者等は、明らかになった課題を検討し,学校への支援や必要な改善措置を講ずることが求められる。

予想問題3 次の各文の中で適切でないものを一つ選べ。
① 学校評価は、目標の設定を重視するのに対し、教員評価は達成の程度を重視する。
② 教員評価は教職員の資質能力の向上を、学校評価は学校運営の改善を目的にしている。
③評価結果について、学校評価は説明責任を果たすものであるのに対し、教員評価は個人情報であり公表はなじまない。
④ 学校教育目標の達成を評価することでは、学校評価と教員評価は共通している。

予想問題4 次のうちから誤っているものを一つ選べ。
①学校評価ガイドラインは,継続的に見直すこととされている。
②学校評価の取組の中に学校評価ガイドラインの示す内容を取り組むことが期待されている。
③ 学校評価ガイドラインは,学校評価の取組の参考になる目安を示すものである。
④学校評価は,文部科学省の示す学校評価ガイドラインに沿って実施しなければならない。


予想問題5 実効性のある学校評価のための改善点として,次のうちから誤っているものを一つ選べ。
①学校内部では,目標の明確化,評価事務の簡略化と処理システムの整備,組織づくりの工夫などがあげられる。
②保護者や地域住民,学校関係者評価委員への学校評価の趣旨についての説明を省略し,繰り返しアンケートを実施することなどがあげられる。
③ 評価結果の扱を保護者や地域の人々に伝える,学校評価をもとにした学校の説明をはかるなどがあげられる。
④ 教育委員会においては,学校評価結果を施策の策定に生かすなどがあげられる。


予想問題6 文部科学省「学校評価ガイドライン」について,適当でないもの を一つ選べ。
① 学校評価の目的と仕組みが示されている。
② 自己評価と学校関係者評価と第三者評価を組み合わていくことが示されている。。
③ 当初は「義務教育諸学校における学校評価ガイドライン」で示され、以後改訂を重ねて,今のものとなっている。
④ 保護者は学校評価に参加することができない、と示している。



解答
予想問題1 ② 「教育委員会に」ではなく「保護 者や地域住民に」
予想問題2 ② 「学校評価ガイドライン」に「具体的な実施体制については、地域や学校の実情等に応じて、次のような取組を含め柔軟に対応することが考えられる。
(ア)学校関係者評価の評価者の中に、学校運営に関する外部の専門家を加え、学校関
係者評価と第三者評価の両方の性格を併せ持つ評価を行う」とあります。
予想問題3 ①  選択肢④(正しい)参照 「目的の達成」も重視
予想問題4 ④  選択肢③(正しい)参照 あくまでも「ガイドライン」
予想問題5 ②  説明を省略しちゃあだめでしょう
予想問題6 ④  保護者からの評価は「学校関係者評価」のひとつとして重要。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: 2016年冬期 学校経営 問8

> 続きまして…駆け込み質問No.2です。
>
> 2016年冬期 学校経営 問8
> 予想問題1 次のうちから誤っているものを一つ選べ。
> 正答は
> ② 1998年,中央教育審議会答申「今後の地方教育行政の在り方について」は,各学校は、自己評価結果を,教育委員会に説明する必要がある,と提言した。
>
>  で、「教育委員会」の部分が「保護者や地域住民」であるため誤りとなっています。(テキストにも書いてある)
>  ですが、さらにテキストには「学校教育法施行規則第68条は、”~評価の結果及び前項の規定により評価を行った場合はその結果を、当該小学校の設置者に報告するものとする。”とあるように、学校評価の結果は、教育委員会に報告することになっている。」と記載があります。
>  解答としては、もととなっているものが答申と施行規則で異なる点に注意ということでしょうか?または、学校評価の意味するところが、自己評価なのか、学校関係者評価なのかという違いでしょうか?
>  実務的に、学校としては住民、保護者、委員会いずれにも報告するということですか?

apple teaさま
いつも大変鋭いご質問・ご指摘をいただき、ありがとうございます。
ご指摘のように「答申」の内容としては「教育委員会」ではなく「保護者・地域住民」ということですが、「説明」というのはこの場合、いわゆる「説明責任」(accountablity)のことを言っていて、ただ単なる「報告」とは異なる意味合いがあると思われます。また、自己評価結果は事務的には教育委員会に「報告」(「説明責任」とは異なる)することが施行規則によって義務付けられているということです。
それから、おおきなくくりで「学校評価」という場合には、「学校自己評価システム」によって学校が行う「自己評価」と第三者評価としての「学校関係者評価」(例えば「学校評議員会」による評価)の両方を含んだものだと考えられます。

ごんな説明で、おわかりいただけたでしょうか?


ありがとうございました

なるほど。「説明(責任)」と、「報告」とは違うということですね。
「学校評価」についてもよく分かりました。

学校経営を選択して分かったのは、「何やら学校の上の方々はこんなことも抑えながら学校運営をしているのね~。」てことです。
なかなか大変なことです。

本日猛吹雪…。明日は穏やかな天気であることを祈って、行ってきます!ありがとうございました!!
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ