FC2ブログ

学校経営(3)

問3
前期は、「ティーム・ティーチング、 少人数指導」の過去問が1問、あとの2問はこれまでの過去問をすこしアレンジした「義務標準法」の問題でした。今期は、「ティーム・ティーチング」、「学級担任」あたりの出題が濃厚と見ます。テーマ別に整理しておきます。

【「義務標準法」にかかわる問題】
予想問題1 次の各文の中で適切でないものを一つ選べ。
①2011年の義務標準法の改正で、小学校第1学年の学級編制の標準が35人に引き下げられ、学級編制に関する市町村教育委員会の裁量も拡大した。
②1993年4月からの第6次公立義務教育諸学校教職員配置改善計画では,一律に学級規模を縮小するのではなく、指導方法の多様化を促進する方策が取られた。
③いわゆる義務標準法は,1958年に義務教育水準の維持向上を目的に制定され、学級編制の標準を50人とした。
④いわゆる義務標準法は、戦後教育改革から生まれたもので、1947年に制定されたが、「すし詰め学級」の解消にはつながらなかった。


予想問題2 次の①~④のうちから正しいものを一つ選べ。
① 2011年の義務標準法の改正で,小学校第1学年の学級編制の標準が18人に引き下げられ,学級編制に関する市町村教育委員会の裁量も拡大した。
② いわゆる義務標準法は,1958年に義務教育水準の維持向上を目的に制定され、学級編制の標準を50人とした。
③ いわゆる義務標準法は、戦後教育改革から生まれたもので、1947年に制定されたが、「すし詰め学級」の解消にはつながらなかった。
④ いわゆる義務標準法は,国民学校時代に制定され,学級編制の標準を65人とした。

予想問題3 いわゆる義務標準法について正しいものを一つ選べ。
① 2011(平成 23)年の改正により,小学校及び中学校の学級編制の標準を,40 人から20 人に引き下げた。
② 制定の目的に義務教育の水準の維持・向上をかかげ,「すし詰め学級」の解消に貢献した。
③ 教育基本法や学校教育法などとともに 1947(昭和 22)に制定され,その後,実態に応じて,学級編制の標準を 100 人にまで引き上げた。
④ 戦時中,国民学校の統合促進のために制定され,その結果,「すし詰め学級」が各地に現れた。


予想問題4「公立義務教育諸学校の学級編制及び教職員定数の標準に関する法律」の説明について,正しいものを一つ選べ。
① いわゆる「義務標準法」とよばれ,この法律のもとに,学級規模の縮小がなされ,「すし詰め学級」の解消がはかられた。
② 平成19年以降,この法律のもと、教職員定数の改善が着実に進んだ。
③ この法律によれば,小学校においてはティ-ム・ティーチングはできない。
④ いわゆる「義務標準法」とよばれ,この法律のもとに,学級規模の縮小がなされ,20人学級が実現した。

【ティーム・ティーチングの問題】
予想問題5 次の①~④のうちから,正しいものを一つ選べ。
① ティーム・ティーチングは,1960年代後半から70年代にかけて,ASEAN諸国における取り組みが紹介され,日本においても試みられるようになった。
② わが国におけるティーム・ティーチングは,教職員配置改善計画に取り入れられることによって普及がはかられ,少人数指導という言葉の定着をみた。
③ 少人数指導か,35人学級か,いずれの選択は,文部科学省の全国的な立場に立っての判断によるとされている。
④ わが国の教授・学習組織改革は,2000年代に高揚期を迎え,とりわけ高等学校においてホームルーム担任の導入,学年共同経営などの試みがなされた。


予想問題6 次の各文の中で適切でないものを一つ選べ。
①ティーム・ティーチングとは、授業で、二人以上の教職員が連携・協力して一人ひとりの子ども及び集団の指導に責任をもつ指導方法である。
②ティーム・ティーチングとは,学級王国を肯定し、互いの学級経営に口を差し挟まないようにする学級担任間の相互の協力体制のことをいう。
③ティーム・ティーチングは,学級内や学級の枠を超え、興味関心に応じて指導するスタイルや、習熟度別や課題別に応じて指導するスタイルなど多様である。
④ティーム・ティーチングのメリットには、多様で複線的な学習活動に対応できる、学習者の個性に応じることができる、複数で個の理解を多面的にとらえる、などがある。

【学級担任にかかわる問題】
予想問題7 次の①~④のうちから誤っているものを一つ選べ。
①学級は,学級担任と児童生徒からなる学校における最も基本的な教育組織の単位であり、教育行財上の単位である。
②中学校で学級担任をやった経験があれば,小学校の教員免許状を所有してなくても,小学校の学級担任となれる。
③ 学級担任制は,一人の教師が,一つの学級の児童・生徒の教科指導および生徒指導のすべてにわたって責任を負うシステムである。
④学級担任制は,子どもの全人格的理解,教科指導と生徒指導の統合などのメリットがある反面,教科指導の専門性の低下,学級間の格差などが問題とされる。


予想問題8 次の①~④のうちから,誤っているものを一つ選べ。
① 学習障害(LD)とか注意欠陥・多動性障害(ADHD)と診断される子どもをはじめ,特別な教育的配慮や支援を必要とする子どもが様々に存在するなど,学級の質的な変化が進んでいる。
② 学級の質的な変化にともない,すべての求めに応じることが困難になりつつあり,学級担任にとって協働がテーマとなっている。
③ 学級の質的変化への戦略的対応として,学級規模の縮小とともにスタッフの質及び量の整備をはかるなど,複数の方策を複合して状況の改善に努める必要がある。
④ 学級担任の専門性を高め,学級経営の独自性を尊重し互いの学級に干渉し合わない学年・学校経営を推進することが,学級内外の困難な状況を改善する有効な対策である。


解答
予想問題1 ④
予想問題2 ②
予想問題3 ②
予想問題4 ①
予想問題5 ②
予想問題6 ②
予想問題7 ②
予想問題8 ④


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ