FC2ブログ

教育政策と学校の組織的対応(4)

問4
この章の問題は、「同僚性」にかかわる比較的易しい問題が出題され、大別すると次の3つのテーマで少しずつ問題を変えて出題されます。1.「具体的なシチュエーションでの同僚性・組織的対応」2.「組織的対応」3.「同僚性の構築」です。夏期には、過去問で1が出題され、あとの2つが2,3で少しだけ変化させた新傾向問題でした。今期も、この3種類が出題されると予想します。ちなみに、2と3は内容的にはほとんど変わりありません。

【具体的なシチュエーションでの同僚性・組織的対応】
予想問題1 担任するクラスの子どもが,いじめにあっているらしいという情報が入った。組織的な対応を行う教師としてもっとも適切な行動を一つ選べ。

① 自分ひとりで事情聴取をする。
② 秘密保持のために,外部機関にまず相談する。
③ 自分の責任範囲で起こったことなので,しばらく経過を見守る。
④ 状況を管理職、学年教師や養護教諭,スクールカウンセラーなどに状況を伝え,それぞれの立場からの協力を仰ぐ。


予想問題2 隣のクラスの子どもが校内持ち込み禁止物を机の中に隠しているのを授業中に発見した。同僚性をもって協働する教師としてもっとも適切な行動を一つ選べ。
① その場で子どもに注意することで終わらせ,担任には報告しない。
② その場で子どもに注意し担任に報告するが、指導は担任に任せる。
③ 授業後に子どもに声をかけ,担任に報告し,その子への指導を以後継続的に担任と協議する。
④ 子どもには注意せず,担任にこっそり報告する。

予想問題3 学年で行う行事の担当になったとき、同僚性を持って協働する教員としてもっとも適切でない行動を次一つ選べ。
① 自分の担当した役割についても,他の教職員に報告や相談を行う。
② 自分の担当した役割については,すべて自分ひとりで決める。
③ 他の人の役割についても,知るように努め,率直に意見を言い合う。
④ 協力が欲しい時には,周囲の教師にそれを求める。


【組織的対応】
予想問題4 組織的な対応を行う風土を阻むものとしてもっとも適切なものを一つ選べ。

① 授業研究
② 情報を共有しない態度
③ それぞれが学校の諸課題に気づくこと
④ 実践の目標を共有すること


予想問題5 組織的な対応についてもっとも適切なものを一つ選べ。
① 個々の教員の負担になるので,最小限に留めるべき
② 個々のニーズに応える特別支援教育では不要
③ 不登校など個人の問題については,不可能
④ 教科を超えて,教科指導面で実施することも可能


【同僚性の構築】
予想問題6 講義で取り上げた同僚性の構築について,適切なものを一つ選べ。

① 学校全体の方針の共有や授業研究によっても促進される。
② 教科指導とは関係がない。
③ 個人の考えによるので,組織的に高めることはできない。
④ 懇親会で十分である。


予想問題7 講義で取り上げた同僚性について,不適切なものを一つ選べ。
① 小グループ化を生む。
② 自主的な協働を生む。
③ インフォーマルな助け合いを促進する。
④ 新たな実践への挑戦の基礎になる




解答
予想問題1 ④
予想問題2 ③
予想問題3 ②
予想問題4 ②
予想問題5 ④
予想問題6 ①
予想問題7 ①

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ