FC2ブログ

スクールカウンセリング(8)

問8
この章は、1章と同じ講師で、「スクールカウンセリング事業の発展と課題」の問題が、正四択または誤四択で出題されます。(正四択が多い)、夏期、にはじめて1問使い回しの問題が出されました。ただ、あと2問はまた新傾向の問題で、この講師の「まめ」なところがこの章の問題づくりにも表れています。今まで出題された選択肢を網羅することで対策とします。正しいものを選んでください。

スクールカウンセリング事業の発展と課題について,次のうちから,正しいものを一つ選べ。
① 2000年の 伊藤美奈子の報告では,調査した学校の60%以上で,教職員のスクールカウンセラーに対する印象は非常にネガティヴであった。
② 追跡調査によると 2006年度に不登校だった児童生徒の5%未満しかスクールカウンセラーに相談しなかった。
③ 児童生徒のカウンセリングでは,言語以外でも自己表現できるように,プレイセラピー的なアプローチが導入される場合がある。
④ 子ども時代にいじめられた経験のある人の割合が6割を越えるという調査結果が得られたことはない。
⑤ 日本におけるスクールカウンセラー事業の開始を「黒船の到来」に喩えたのは、私が尊敬してやまない河合隼雄大先生である。
⑥ 子どもの不登校やいじめの原因やその解決方法を,統計的研究だけから見つけることは難しい。
⑦ 不登校の子どものカウンセリングにおいて,信頼感が生まれたり劣等感を克服したりすること通して,次第に周りの人々との積極的に交流できるようになるケースがある。
⑧ いじめが原因で自殺する子どもの数は,警察の統計によれば,2008年以降,毎年,小学生10名,中学生100名,高校生500名を越えている。
⑨スクールカウンセリング事業開始の翌年から毎年,「学校臨床心理士全国研修会」が開催されている。学校臨床心理士とは,臨床心理士の資格を持つスクールカウンセラーのことである。
⑨ 不登校は小学生よりも中学生が多く,平成26年度では中学生の約5%が不登校である。。
⑪「いじめ防止対策推進法」では,いじめは「強者が弱者に対して一方的に行う心理的または物理的な攻撃」とされ,そのなかに,「インターネットを通じて行われるものを含む」という記述がある。
⑫ あらゆる調査で、子どもが自殺する理由として最も多いのは,親への不信感であるとされる。
⑬ 本間友巳(2001)による保護者への調査によると、スクールカウンセラーに相談することによって,「子供との関係が良くなった」「先生との関係が良くなった」という声が多い。
⑭文部科学省の不登校の定義(2000)は,「病気や経済的な理由を除き,心理的,情緒的,身体的,社会的要因・背景により,登校できないもの」であって,「怠学」は不登校から除外されている。
⑮ 公立中学校勤務のスクールカウンセラーが,校区の小学校での相談に応じることは,法的にできない。
⑯ 道徳性や精神性の涵養はいじめや自殺の防止にはまったく役に立たない。
⑰ スクールカウンセリングの効果は,不登校やいじめの減少率からはっきりわかる。
⑱ 文科省(2014)が示す不登校の類型は、「無気力型」「遊び・非行型」「怠学型」の 3 つである。
⑲ いじめ問題では,スクールカウンセラーはもっぱら被害者のケアにかかわり、加害者にはかかわらない。
⑳ スクールカウンセラーが教師と共に行う自殺予防の取り組みには,ストレス緩和の方を
教えることや,周囲の援助を求めるように促したりすることなどがある
21 日本にスクールカウンセラー事業が導入されたことは,「個人」を大切にすることを意味し、画期的であったと見方もある。
22 2014 年の文部科学省による「不登校に関する実態調査」では,2000 年度に不登校であった児童生徒の約5%がスクールカウンセラーに相談していた。
23 1995 年にスクールカウンセラー事業が開始された当初から数年の間に,欠席しがちな子どもをに「別室登校」させるというシステムがどの学校でも採用されるようになった。
24 「いじめ防止対策基本法」の「いじめ」の定義は,「自分より弱い者に対して,一方的に攻撃を加えるもの」である。


解答
 ③、⑤、⑥、⑦、⑨、⑬、⑳、21


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ