FC2ブログ

スクールカウンセリング(3)

問3
第2章と同じ講師なので出題のパターンは同じで、夏は、過去問と同じ「学校で重大な事件・事故が起きた後の対応」(正四択)が2つ、そして、選択肢を少し変えた問題がひとつ出題されました。ここも選択肢をテーマ別に並べて対策にしました。少しずつ表現が違う選択肢の中から正しいものが選ぶことができれば対策はバッチリです。正しいものが複数の場合もあるし、ひとつもない場合もあります。実際の問題は、問2のようにこれらのテーマの選択肢が組み合わさったものです。

【心的外傷体験を話すこと】
1. 外傷的体験を話すと記憶がよみがえり、傷をさらに深くするので、児童・生徒に話をさせないように配慮する。
2. 心的外傷体験の後はその体験を表出することが傷口の消毒作用を持つので,できるだけ早い段階で全員から詳しく話を聞くのがよい。
3. 心に傷を残すような出来事を一緒に体験した者同士が,安心できる場で,その体験を語り合うことは心の回復に役立つことが多い。
4. 外傷的体験について話したがる子どもがいたら、ちゃんと話をさせることが心の回復に役立つ。

【PTSD(外傷後ストレス障害)】
1.PTSD(外傷後ストレス障害)の症状はいずれも後々に深刻な心理的影響を及ぼすので,ごく軽い症状でも医療的支援をただちに必要とする。
2. PTSD(外傷後ストレス障害)の主な症状は,侵入症状,陰性気分,解離症状,
回避症状,覚醒症状などである。
3.PTSDの症状が出るのは精神的に脆弱な特殊な人だけである。

【心的外傷体験】
1.幼少時に心の傷を負うと、その後の人生に必ず悪影響を及ぼすので、すべての子どもは一切の外傷的体験に遭わないように保護されなければならない。
2.心的外傷体験がその後の人生に成長をもたらすと言われていたが,そのような事実はない。
3.心の傷の早期発見のために、一刻も早く児童・生徒の全員に心理的ケアの専門家による面接を実施する必要がある。
4.心的外傷を負うような状況においては,人は誰でも正常な社会適応ができなくなる。
5.幼い子は心的外傷体験に遭遇しても,すぐに忘れてしまうのでその後の人生へ影響を及ぼすことは稀である。

【緊急事態への対処】
1.緊急事態では周囲の大人が落ち着いて対処することが,子どもの心の安定に役立つ。
2.緊急事態への反応の仕方は個人による差が少ないので、マニュアルに従うのがよい。
3.緊急事態における児童・生徒への対応は専門的知識を持つ支援チームに任せるべきである。

【心的外傷体験を話すこと】3,4
【PTSD(外傷後ストレス障害)】2
【心的外傷体験】なし
【緊急事態への対処】1



スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ