FC2ブログ

生徒指導と教育相談(8)

問8
冬は、「保健室からの子どもの理解」、「スクールソーシャルワーク」の過去問と、「生徒指導の核としての子ども理解」という新傾向の問題が出題されました。今期も今までの過去問からの出題可能性大です。SSWについては大いに学ぶ価値があり、また学校に専属のSSWが必要な状況だと思われます。(でも予算がないのでできていない。国はお金の使い道を間違わないでほしい)

予想問題1 「スクールソーシャルワーク」の歴史について、適切でないものを選べ。
①アメリカで、貧困家庭の不就学や児童労働といった問題に対応するために20世紀冒頭に始まった「訪問教師」活動がスクールソーシャルワークの始まりである。
②アメリカの「訪問教師」の役割は、子どもの問題を探るだけでなく、それを改善するために家庭・学校・地域の連携をはかることに重きをおいた。
③ アメリカの「訪問教師」は、1940年代には「スクールソーシャルワーカー」という呼称になった。
④日本では貧しい家庭や長欠児童のために地域に入る「訪問教師」は、これまで存在しなかった。


予想問題2 これまでの生徒指導が陥りやすかった点について、適切でないものを選べ。

①問題行動を類別して対策を講じる傾向が強く、個々の子どもに応じて発達を支援するという発想が弱かった。
②子どもの観察が学校内のみで、一面的になりやすく、家庭や地域での子どもの様子を観察することが弱かった。
③集団生活のルールを守らせることが前面に出てしまい、教師の方針や価値観を子どもたちに押しつけがちな傾向があった。
④教師の仕事は授業での学習指導だけであるから、それ以外の生徒指導をないがしろにしてきた。


予想問題3 「スクールソーシャルワーカー」について、適切でないものを一つ選べ。
① 2008年度から文科省はスクールソーシャルワーカー活用事業をスタートした。
② スクールソーシャルワーカーの配置は、社会福祉士などの専門家がいることによってはじめて可能になる。
③ スクールソーシャルワーカーは,校内で開かれる「支援ケース会議」のコーディネーター役になることが期待されている。
④ スクールソーシャルワーカーの活動は,教師が授業に打ち込めるように,生徒指導上の負担を軽減することにつながる。


予想問題4 「青年前期」の発達的特徴について,適切でないものを選べ。
① 従来言われてきた「思春期」は、今日では「青年前期」と呼ばれており,高校卒業後から20歳代半ば頃の社会人として自立する頃までの「青年後期」と区別される。
② 青年前期には「自分」という意識が芽生えるが,自分の世界がまだ確立できていないために不安が生まれ,友人仲間に無理に同調してみたり,無理に自分を強く見せようとしたりする傾向がある。
③最近の子どもたちは,青年前期特有の言動が表面化しない傾向があり,教師も気づきにくい。
④ 生徒指導の課題は,青年前期の子どもの特徴はどうあれ、学校の指導方針に素直に従わせることである。


予想問題5 スクールソーシャルワークが生徒指導に役立つと考えられる点について,適切でないものを一つ選べ。
① スクールソーシャルワークが生徒指導には全く役立たない。
② 問題を背負った子どもの発達状況に即して環境改善をおこなうという発想が役立つ。
③昨今の貧困,離婚,児童虐待など、子どもを取り巻く環境は深刻であるため、学校外の専門家や諸機関と連係しながらそれを改善していく方法を提示してくれる。
④ もっぱら担任教師がひとりで問題行動の解決にあたりがちであったが、学校そして地域全体で取組む態勢づくりへのきっかけを与えてくれる。


予想問題6 生徒指導の核としての子ども理解について,正しいものを一つ選べ。
① 子ども理解はきりがないので,教師が考える方針で指導するしかない。
② 生徒指導は子どもと毎日接しているクラス担任が責任もっておこなえばよい。。
③ 青年前期の子どもが持つ不安や攻撃性などを常に念頭に置いた子ども理解に努めるべきである。
④ 青年前期は親への依存心が強く,「自我」が未成熟であるという特徴をもつ。





解答
予想問題1 ④
予想問題2 ④
予想問題3 ②
予想問題4 ④
予想問題5 ①
予想問題6 ③

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ