FC2ブログ

生徒指導と教育相談(3)

問3
ここは、夏期には前年度の冬期の過去問、「思春期の友人関係」「思春期の揺れとの付き合い」が2問そのまま使いまわされました。あと1問は、「思春期」の問題を少し変形させた新傾向問題でした。さすがに3期連続で同じ問題はないだろうと予想して、今期は、「思春期」「思春期の自己意識や親子関係」の使い回しの出題を予想します。

予想問題1 思春期について適切なものを一つ選べ。
① 「思春期」と「青年期」は全く別の発達段階である。
② 思春期の特徴は,成熟と成長のアンバランスや不安定さである。
③ 思春期の「第二次性徴」は,性による自意識の変化のことをいう。
④ 思春期におこる身体の変化は,どんな人でも平等に経験する。


予想問題2 思春期について、適切でないもの を一つ選べ。
① 思春期の反抗期は,幼少期の反抗期と質的には同じである。
② 思春期は、小学校高学年くらいから始まることが多い。
③ 思春期には,人間関係づくりも大事だが,自分と向き合う時間も大切である。
④ 思春期には、自己評価を下げ、自己嫌悪に陥る子どもが多い。


予想問題3 思春期の自己意識や親子関係について適切でないものを一つ選べ。
① 思春期には,強まる自己意識や他者意識によって精神的に不安定になる。
② 思春期に自己意識が高まることを「第二の自我の誕生」と呼ぶこともある。
③ 反抗期には,親と子のタテの関係をより強くする意味がある。
④ 親子に自立した関係ができれば、反抗期は終了していると言える。


解答
予想問題1 ②
予想問題2 ①
予想問題3 ③


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ