FC2ブログ

教育の最新事情(1)

問1
この章でこれまで出題されてきた問題は、「学びの専門家としての教師とは」「日本の社会や教育の状況」のどちらか、もしくは微妙に両者が入り混じった問題です。出題される可能性が高い順に並べておきます。最後に新傾向の問題も入れておきます。

予想問題1 次の①~④の文章のうちから,正しいものを一つ選べ。
① 教師の適応的熟達とは,授業において状況に敏感に反応して判断し行動できることである。
② 学校におけるリーダーシップとは,管理職がどれだけ教員を上手に掌握するかの指導力のことである。
③ 学びの専門家としての教師とは,教員採用試験等で学力が高い教師を採用すべきという考え方に基づくものである。
④学びの専門家としての教師とは,教師は学習指導に専念し,学級経営や生活指導は他の専門家に委ねるべきという考え方である。


予想問題2 日本の社会や教育状況について述べた,次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
① 日本が明治以来行ってきた校内研修での授業研究は,教師の専門的学習の場として世界の国々に広がってきている。
② 知識基盤社会において教師は、最新の情報にアクセスできる力が求められる。
③ 経済格差による学力格差は,学校間格差をも生み出している。
④ 教育過程の質として,子どもの居場所感と没頭できる学習時間の保障が求められている。


予想問題3 現在の社会状況における学校教育について述べた,次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。           
①近代化が進む現代日本では,基礎基本の徹底と知識量の拡大が求められている。
②知識基盤社会では,基礎的知識の深い理解が求められている。
③近年、日本の子どもたちの貧困格差が拡大し、学力保障が学校に求められてきている。
④情報化がすすむ現代,学校で使用する機材や学習環境の変化が求められている。


予想問題4 教育の質向上について,次の①~④のうちから,適切でないもの を一つ選べ。
① 教育の質の向上には、構造の質とともに教育過程の質向上を図らねばならない。
② 教育の質の向上を量る最良の指標は,学力テストの平均点がどれだけ上がったかである。
③ 教育の質の向上には,地方自治体や地域、学校の連携が必要である。
④ 教育の質向上には,生徒が学ぶ内容の高度化が期待される。


※夏期出題の新傾向の問題はこんな問題で、今期も使いまわされる可能性があります。新傾向の問題といっても、常識で考えればわかる程度の難易度ですので安心してください。

解答
予想問題1 ①
予想問題2 ②
予想問題3 ①
予想問題4 ②


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ