FC2ブログ

「傾向と対策」にあたって

迷いながらも皆さんからの声にならない声が聞こえてくるので、今期も「傾向と対策」をなんとかやってみようかと思います。
(このブログの「カテゴリ」で、過去の「傾向と対策」も併せて是非参照してみてください。)
何度も言いますが、今年度から免許法が改訂されて、選択必修科目ができたことで、玉突き的にいろいろな変化がありました。夏期の受講生が一番驚いたのは、修了認定試験の「まさかの12問」でした。
それまでの修了認定試験は、各章1問で、必修科目が15問、選択科目が8問でした。それが、必修・選択含めてすべて12問となりました。ということはすべてのテキストが8章立てになったわけですので、2問出題される章が半数あることになります。何故問題数が増えたのかは定かではありません。憶測としては、アンケートで「問題数が少なすぎる」という生真面目な受講者からの声が多かったという説。「問題数が少なすぎる」という文科省からの指導があったという説、いろいろ考えられます。確かに「あれだけ講習を視聴して、試験勉強をしてたったの8問かよ」という感覚はあります。一つ一つの問題の評価比重が重くなりすぎる、という問題もあるでしょう。でも、受験番号の記入も含めて3分で終わってしまうような試験は個人的にはなかなか素晴らしいと思ってました。ほんとはありえない免許更新制度ですから。
ということはさておいて、さっそく必修科目「教育の最新事情」から行ってみましょう。
この科目は、土曜日試験が奇数章2問出題、偶数章1問出題で合計8問、日曜日はその反対に、偶数章2問出題、奇数章1問出題、というやりかたで12問出題としていました。
今期がどうなるかはわかりません。このことに関しても、今期の受講者は、未だ「guinea pig」ということになるんでしょうね。
新傾向の問題は(このブログで「新傾向の問題」というのは「今まで出題されたことのない新しい問題」という意味で使います)、2問出題のうちのどちらか片方が新傾向という感じで(例外もあります)、土日ともそれぞれ12問中5問ずつ出題されていました。今期もこんな感じで出題されるのではないかと予想されます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

傾向と対策、お忙しいのにありがとうございます!
もう怖いものナシです!
頑張ります!

No title

お忙しい中、ありがとうございます。
受講確認を終えたら急にやる気がなくなってしまい、
何もしない日が続いていました。
ドジさんのブログのおかげで、またやる気が出てきました!
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ