FC2ブログ

スクールカウンセリング(3)

問3
第2章と同じ講師だけに毎回同じテーマでの出題です。そのテーマとは、「学校で重大な事件・事故が起きた後の対応」(正四択)。選択肢をテーマ別に並べて対策にしました。
正しいものはどれでしょう。

【心的外傷体験を話すこと】
1. 外傷的体験を話すと記憶がよみがえり、傷をさらに深くするので、児童・生徒に話をさせないように配慮する。
2. 心的外傷体験の後はその体験を表出することが傷口の消毒作用を持つので,できるだけ早い段階で全員から詳しく話を聞くのがよい。
3. 心に傷を残すような出来事を一緒に体験した者同士が,安心できる場で,その体験を語り合うことは心の回復に役立つことが多い。
4. 外傷的体験について話したがる子どもがいたら、ちゃんと話をさせることが心の回復に役立つ。


【PTSD(外傷後ストレス障害)】
1.PTSD(外傷後ストレス障害)の主要な症状には侵入,陰性気分、解離、回避、過覚醒があるが、いずれも後に深刻な影響を及ぼすので、軽い症状でもすぐに医療的援助が必要である。
2.PTSD(外傷後ストレス障害)の症状はいずれも後々に深刻な心理的影響を及ぼすので,ごく軽い症状でも医療的支援をただちに必要とする。
3. PTSD(外傷後ストレス障害)の主な症状は,侵入症状,陰性気分,解離症状,回避症状,覚醒症状などである。


【心的外傷体験】
1.幼少時に心の傷を負うと、その後の人生に必ず悪影響を及ぼすので、すべての子どもは一切の外傷的体験に遭わないように保護されなければならない。
2.心的外傷体験がその後の人生に成長をもたらすと言われていたが,そのような事実はない。
3.心の傷の早期発見のために、一刻も早く児童・生徒の全員に心理的ケアの専門家による面接を実施する必要がある。
4.心的外傷を負うような状況においては,人は誰でも正常な社会適応ができなくなる。
5.緊急事態における児童・生徒への対応は専門的知識を持つ第三者によって行われるのが望ましいので、心理的ケアを行う支援チームに一任するべきである。



【心的外傷体験を話すこと】3,4
【PTSD(外傷後ストレス障害)】3
【心的外傷体験】なし


「腹心の友キャンペーン」実施中 詳しくは腹心の友キャンペーン

みなさんへの「私の予想問題」募集中!

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

心的外傷体験の解答

テキストに「同じ外傷体験を経験しても、PTSDになる人もいれば、ならない人もいる」とあるように「4」が正答だと思います。

Re: 心的外傷体験の解答

ちゃぶあんさま

> テキストに「同じ外傷体験を経験しても、PTSDになる人もいれば、ならない人もいる」とあるように「4」が正答だと思います。

4.心的外傷を負うような状況においては,人は誰でも正常な社会適応ができなくなる。

ご指摘の内容と、4の内容は相反する内容だと思われますので、4は× という判断ですがいかがでしょうか?

ドジ

失礼しました

失礼しました。ドジ様の言う通りです。問題をよく読んでいませんでした(本番が思いやられます)。
ところで、本番でも「解なし」の問題が出題されることはあるのでしょうか?(出題ミスは除く)。

Re: 失礼しました

ちゃぶあんさま

「解なし」の問題は全員零点という超邪悪な問題で、逆に出題ミスで全員得点になっていいのかもしれませんね。
もちろん、ありえませんが。

ドジ
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ