FC2ブログ

教育の最新事情・傾向と対策(5)

これから、恒例の「今期の傾向と対策」を力の続く限りブログにアップしていきたいと思います。何せご多分に漏れず「多忙化」のためどこで挫折するか自分でもわかりません。(出だしから弱気なことを言っていますが)みなさんの拍手の数だけ頑張れるかもです。よろしくお願いします。
 さて、今期の特徴は、何といってもこれまでの必修科目・「教育の最新事情」が前後半に分かれて、前半が必修科目の「教育の最新事情」に引き継がれ、後半部分が、選択必修科目・「教育政策と学校の組織的対応」になったことです。そして、「教育の最新事情」には、これまでになかった「子どもの脳の発達科学」という新たな章が付け加わりました。
ということで、いつ挫折するかわからない頼りない管理人ですので、他のところは、「腹心の友」になっていただいた受講生ならなんとかなるでしょうが、何の道しるべがないこの章だけはほってはおけない、ということで、真っ先に取り上げさせてもらいました。、

問5 第5章は「子どもの脳の発達科学」という新しい章立てです。子どもの脳の発達を医学的に辿りながら、脳の発達と教育の関係について論じています。まあ知っておいてもいいかな程度の背景知識ですが、「教育の最新事情」の八つの章のひとつに加えてもいいかどうかは微妙なところがあります。例えば、「LGBT」「性の多様性」の問題など、ほかにもっと大事なことがあると思うのですが…。
まあ、それはさておき、この章の問題は、免許講習の持つ性質から脳についての細かな医学的な知識を試す試験は出ないと予想します。脳の発達が、具体的な教育現場での教育活動とどうかかわるのか、についての比較的簡単な問題が出題されると予想します。
ということで管理人が独自の予想問題をつくってみましたのでお試しください。

予想問題1 次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①大脳皮質は出生時において基本的構造が形成され、出生後に著しい変化を遂げる。
②視覚情報を処理する後頭葉は早い時期にピークを迎え,その後減少に転じるのに対して前頭葉は相対的に遅い時期にピークを迎えてその後に減少に転じる。
③社会脳とは,社会的行動や他者理解などに関わる脳内機構のことを指す。
④幼児期頃から心の理論(他者の行動からその心的状態を推測する能力)に関わる脳内ネットワークが形成され始めるが,十分に機能するようになるのは前期青年期以降である。


予想問題2 次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①道徳性判断をする際の脳活動を計測すると,側頭- 頭頂接合部などの社会脳の一部領域が活動することが示されている。
②近年の研究で、生後半年程度の乳児が,道徳性の萌芽ともいえる,善悪の判断をできる可能性が示されている
③思考や創造性と関わる領域である前頭前野は、乳幼児期にその発達が始まるものの,青年期にその発達がピークを迎え、その後次第に後退していく。
④目標到達のために行動を柔軟に制御する能力である実行機能は,幼児期頃から,前頭前野の成熟に伴って発達する。

予想問題3 次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①実行機能は,児童期の学力や社会的スキルに重要な影響を与えるため,幼児期から児童期にかけて実行機能に問題を抱える場合には支援が必要である。
②国外の研究から,貧困層の子どもは実行機能の発達に問題を抱えることが示されている。
③自己制御と関わる前頭前野は,幼児期や児童期よりも,青年期の方が発達している。
④青年期に自分を制御できないことがあるのは、自己制御に関わる前頭前野の発達が遅れているケースである。


予想問題4 次の①~④のうちから,正しいものを一つ選べ。
①一般に,乳幼児期には,目の前の他者からよりもメディアからの方が学習は促進されやすい。
②デジタル機器を用いると,視覚情報に弱い子どもが聴覚情報によって内容を補うことができるなどのメリットがある。
③研究によると、文字を書かせることと文字に対する認識の向上に直接の関連性はないことが明らかになった。
③ 最近見かける、脳科学と子育てや教育を関連付けた書物などは、科学的に子どもの発達や教育を考えるのに大いに参考になる。




正解
予想問題1 ④
予想問題2 ③
予想問題3 ④
予想問題4 ②



「腹心の友キャンペーン」実施中 詳しくは腹心の友キャンペーン
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ