FC2ブログ

環境教育(1)

この章は、4~5種類の問題が使いまわされています。ローテンションがある程度決まっている問いもあれば、ランダムに出題される問いもあります。が、巷で話題になるような環境問題についての常識を働かせれば容易に解ける問題がほとんどなので、全く心配いりません。ただし、第3章に出てくる「ビオトープ」や「グリーンカーテン」などという言葉は聞きなれていない人も多いと思いますので、テキストできちんと復習しておく必要があるかもしれません。

問1
この章は、「環境教育のポイント」「環境教育の題材」「環境教育と環境保全の必要性」「持続可能な社会」の4種類の問題の使い回しですが、ローテーションがランダムなため、とりあえず出題可能性の高い順に予想問題を並べておきます。

予想問題1環境教育の実施にあたって指摘されるポイントで、次の中から適切でないものを一つ選べ。
①環境問題は、一つの課題だけ解決できるわけではないので、総合的に判断すべきである。
②自然や社会の中でよりよく生きていくために、社会システムを理解し保全するという観点で行う。
③環境問題の解決に取り組む人間を育成するという「生き方教育」,もしくは「人の文化の問題」でもある。
④人口,開発,貧困,食糧,民主主義,人権や平和などあらゆる問題に関する環境、その持続可能性を探る教育が行われる必要がある。


予想問題2環境教育の題材として、次の中からもっとも適切でないものを選べ。
①水資源や土壌にかかわること。
②物質の循環にかかわること。
③エネルギー資源にかかわること。
④地震発生のメカニズムにかかわること。


予想問題3 環境教育と環境保全の必要性について,次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
① 環境教育は,学校教育で担えば十分である。
② 地球上の生物の生息地等に与える影響は無視できない段階になってきている。
③ 持続可能な社会のためには,環境保全に真摯に取り組む必要がある。
④ 政府・民間の相互連携で環境保全の取組みを行うことが急がれている。


予想問題4 持続可能な社会について,次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
① 人間の活動から出る二酸化炭素の排出を削減する社会。
② 物や資源の再利用を行う社会。
③ 人間の活動が広がることと限りある地球の容量とのつり合いをとる社会。
④ 人間の活動の広がりに合わせて自然を活用する社会。



解答
予想問題1 ④
予想問題2 ④
予想問題3 ①
予想問題4 ④

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ