FC2ブログ

学校経営(5)

問5
この章は「公立学校の財務」「学校の財務事務」「学校予算」「支出負担行為」の4つのテーマでの出題で、「「公立学校の財務」が2種類あり、合計5つの問題の使い回しです。ただし、最後の「支出負担行為」は今まで1回しか出題されておらず、ローテーションに入っているのか不明で、不気味な存在と言ってもいいでしょう。
例のごとく今期に出題可能性の高い順に。

予想問題1 地方自治法上の最少経費の原則について述べた次の文の中で、適切なものを一つ選べ。
① 公立学校の予算は必要最少限の額を計上し、足りなくなったら住民から寄付を受ければよい。
②公立学校の運営を最少の予算でまかなうことができた学校の教職員には臨時ボーナスを支給すべきだ。
③公立学校の運営を最小限の予算でまかなうことができた学校は、余った予算を次の年に繰り越すことができる。
④公立学校は、住民の福祉の増進に努め最小限の必要経費で最大限の効果が挙がるようにしなければならない。


予想問題2 公立学校の予算が住民・国民の税金であることを考えたとき、適切なものを次の文の中から一つ選べ。
①地方自治体の行う節の区分での予算管理は、ただの目安であり、どの学校でも節間流用を行っている。
②地方自治体における歳出予算は,財政民主主義の原則に則り、行政に対して支出権限を与える文書であると考えられている。
③地方自治体の予算制度では、年度末に公立学校の予算に残額が出た時には、次年度までなら繰り越しができる。
④教育委員会は他の行政組織と異なり、独立した行政委員会であるから、自治体の予算とは関係が薄い。

予想問題3「支出負担行為」について述べた次の①~④のうちから誤っているものを一つ選べ。
①「支出負担行為」とは、 公立学校で予算がオーバーをしてしまった時、校長が足らない額を負担すること。
②「支出負担行為」は、予算管理には寄与している。
③学校での「支出負担行為」を認めず,すべて教育委員会において処理する自治体もある。
④公立学校の「支出負担行為」の限度額を引き上げることは、学校の自主・自律性を高めることでもある。

予想問題4 学校の財務事務について,次の①~④のうちから正しいものを一つ選べ。
① 校長の権限で支出が決定できる学校の予算は30万円までと法律で定められている。
② 学校にある物品の出納や管理は金銭の管理とは異なり財務事務の範囲ではない。
③ 財政難の折,公立学校の学校徴収金は,予算が不足を補うために活用すべきである。
④ 私学助成を受けている学校法人は収支予算書を所轄庁に提出しなければならない。


予想問題5 公立学校の財務と直接「関係がない」ものを,次の①~④のうちから一つ選べ。
① 予算科目中の節の区分
② 支出命令機関
③ 物品出納員
④学校法人の会計基準



解答
予想問題1 ④
予想問題2 ②
予想問題3 ①
予想問題4 ④
予想問題5 ④

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ