FC2ブログ

スクールカウンセリング(3)

問3
第2章と同じ講師だけに毎回同じテーマでの出題です。そのテーマは、「学校で重大な事件・事故が起きた後の対応」(正四択)。夏にテキストの内容にマイナーチェンジがありましたが、出題内容はほとんど今までと変わりませんでした。ひとつだけ新傾向の選択肢が出題されましたので、それを付け加えて、前回同様、網羅された選択肢の中で「正四択」の正解を押さえる例題で傾向と対策に代えます。

例題 学校で重大な事件・事故が起きた後の対応について、次の中から正しいものを選べ。
1.外傷的体験を話すと記憶がよみがえり、傷をさらに深くするので、児童・生徒に話をさせないように配慮する。
2.PTSD(外傷後ストレス障害)の主要な症状には侵入,陰性気分、解離、回避、過覚醒があるが、いずれも後に深刻な影響を及ぼすので、軽い症状でもすぐに医療的援助が必要である。
3.事故や災害などの心に傷を残すような出来事を、一緒に体験した者同士が語り合うことによって、心の回復に役立つことが多い。
4.外傷的体験について話したがる子どもがいたら、ちゃんと話をさせることが心の回復に役立つ。
5.幼少時に心の傷を負うと、その後の人生に必ず悪影響を及ぼすので、すべての子どもは一切の外傷的体験に遭わないように保護されなければならない。
6.心の傷の早期発見のために、一刻も早く児童・生徒の全員に心理的ケアの専門家による面接を実施する必要がある。
7.緊急事態における児童・生徒への対応は専門的知識を持つ第三者によって行われるのが望ましいので、心理的ケアを行う支援チームに一任するべきである。
8.一人ひとりの心の健康度を測るためのアンケート調査を全員に対して実施すべきである。
9.心的外傷体験がその後の人生に成長をもたらすと言われていたが,そのような事実はない。(新傾向の選択肢)




正解 3、4
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ