FC2ブログ

現代の生徒指導(5)

問5
第5章は、講師の変更はありませんが、前期からテーマ・内容がまったくかわり「いじめ」に特化されています。
前期に出題された問題は、両方とも「正四択問題」でしたが、すぐに正解がわかるような易しい問題でした。

正四択の正解選択肢はこれです。

・いじめは,良好な風土づくりで予防が可能である。
・いじめは、いじめられる側に後々長期的な悪影響を及ぼすといわれる。

ここも、前期につくった私のオリジナル予想問題をどうぞ。

予想問題1 いじめを理解する上で、次の①~④の記述のうちから,正しいものを一つ選べ。
①いじめは、いつの時代にもあるものでその対策を講じる必要はない。
②いじめは、いじめを受ける当事者に原因がある場合は多い。
③いじめが起こる背景として、学級のあり方も影響している。
④いじめの心理的な影響は深刻であるが、成人期まで続くことはまれである。


予想問題2 平成25 年に施行された「いじめ防止対策推進法」について述べた,次の①~④の記述のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①「いじめの防止等のための対策に関する基本的な方針」は、国がその策定の義務を負う、とされた。
②地方公共団体は,関係機関の連携のため,学校,教育委員会,児童相談所,法務局,
警察その他による「いじめ問題対策連絡協議会」を設置できる、とされた。
③学校設置者と学校の基本対策として,○道徳教育等の充実,○早期発見のための措置,○相談体制の整備,○インターネットを介したいじめへの対策推進、が定めらた。
④学校では,いじめ対策に,複数の教職員,心理,福祉等の専門家その他による組織設置が定められた。


予想問題3 いじめの予防と対策について述べた,次の①~④の記述のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①「いじめアンケート」では,SC などアンケート調査に専門知識のある職員を含めて内容を検討することが重要である。
②いじめを個対個の問題に限定せず,学級・学校運営を見直すことが重要である。
③いじめに直面すると,保護者と学校が対立しやすいので、第3者機関を間に入れて対応すべきである。
④ いじめ対応には,SC はじめ児童館や民生委員,児童相談所,警察など地域支援を有効に活用する積極的なチーム支援が欠かせない。


解答
予想問題1 ③
予想問題2 ①
予想問題3 ③

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ