FC2ブログ

教育の最新事情・傾向と対策(12)

問12
この章の予想は前回大外れしました。3つも予想問題を出したのに、ひとつも出ませんでした。とは言ってもこの章の問題は「学校と地域の関係」にかかわるとても簡単な問題が出題されますので全然大丈夫なんですが。
とは言え、今回は夏期のリベンジです。夏期の予想問題をそのまま、今期の予想問題とします。安易かもしれませんが、今度こそひとつくらいは出るでしょう。


予想問題1 これからの学校と地域との関係について,次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①地域住民や保護者の学校教育への理解が高まり,共同歩調で子どもの教育課題に対応できるようになる。
②学校の教育活動に,地域の人材が活用できる。
③地域住民や保護者などの誤解に基づく軋轢を最小限にとどめることができる。
④進路指導重視の観点から,塾の学校教育参入を想定した支援が打ち出されている。


予想問題2 学校と地域との連携協力のこれまでに関する記述として,次の①~④のうちから,適切なものを一つ選べ。
①大正期、京都の番組小学校は,学校と地域との連携協力の発端とされる。
②昭和20年代の中期,米国のコミュニティ・スクールがモデルで地域社会との連携協力の動きが広がった。
③学校と地域との連携協力は,千葉県野田市の取り組みのように、文部科学省の学校支援地域本部事業が発端である。
④学校と地域との連携協力は,東日本大震災が契機で始まったもので,日本の学校教育の歴史ではなかったものである。


予想問題3 学校と地域との連携協力に関する近年の動きとして,次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
①保護者や地域住民が学校の教育活動を混乱させるおそれがあるため,「閉じられた学校」に転換しつつある。
②学校評議員制の制度化で学校と地域の連携協力が強まってきた。
③地方教育行政の組織および運営に関する法律の一部改正により学校運営協議会を設置する学校が増えている。
④学校を地域社会の核として位置づけようという考え方が強まっている。



解答
予想問題1 ④
予想問題2 ②
予想問題3 ①

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ