FC2ブログ

問3 緊急事態への対応

問3 緊急事態への対応について正しいものを選ぶ問題
①PTSDはごく軽度でも医療支援が必要 ②子どもへの対応は専門家支援チームに任す ③外傷体験を話したがる子には話させる ④心の傷の早期発見のため一刻も早い全員面接が必要

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

PTSD(外傷後ストレス障害)のことをあまりよく知らなかった私にはなるほどと思えることが多かった。①について、PSTDの軽い症状は誰でも起こりうるし、むしろ健康度を示すものであるという。つまり「心の傷」への自然な防衛反応というわけ。だからバツ。 ②任せちゃあいけないのです。現場の状況を一番よく知っているのはその学校の教師だから、専門家と連携してやらなくちゃいけない。③と④、外傷体験を語ることを「デブリーフィング」というらしい。これは、話そうとする子には心的外傷の回復に効果があるが、いきなり全員面接で、話したくない子に無理やり話させると2次的外傷を引き起こすことがあるという。なるほど。したがって、
正解は③
ずっと以前、緊急事態が起こった学校で子どもたちから「こんなことがしたい」という声がいろいろ出てきた時、学校に入っていた専門家チームに「子どもたちがこういうことをやりたいと言っていますがいいでしょうか?」となんでもかんでもお伺いを立てていたという話を聞いた。教師もとまどってしまうのはわかるが、教師自身が主体的に状況判断ができるように普段から心がけたいものだと思う。そうでないと専門家チームも「そんなことくらい自分で判断しなよ」とたまったものではない。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ