FC2ブログ

問1 教師とスクールカウンセラーの関係

問1 教師とスクールカウンセラーの関係についての記述で一番重要なものを選ぶ問題
①専門性の相互理解と連携 ②相互の意見表明 ③役割分担の明確化 ④子どもの尊重

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

簡単なようで「う~ん」と考えてしまう問題。まず、④は教師にとってもカウンセラーにとっても大事なことには違いないですが、問題は「関係について」ですからそもそもの問題の趣旨と違います。この辺でひっかかると後がきついかも。②も必要なことかもしれませんが、「一番重要」かどうか。お互いに意見を主張し合って言い争いをしても不毛です。③の役割分担をはっきりさせることでかえってお互いの関係を疎遠になったり、教師がカウンセラーにまかせっきりにする、ということも起こってきます。①のことは1章よりもどちらかというと2章で出てくることですが、教師とカウンセラーがお互いの専門性を理解しながら協働することでお互いの理解や子どもに対する理解が深まる、とあります。したがって
正解は①
これは1,2章にまたがる問題と言っていいかもしれません。講師はそれぞれ違うんですが。いきなり臨床心理学の日本のパイオニアといわれる河合隼雄氏の名前が登場してきます。臨床心理士資格認定協会をつくり、大学院を出なければ資格試験が受けられないなんて制度をつくっちゃったりして。彼は臨床心理士を権威付けたかったのでしょうか。6年間も勉強しなきゃなれないって何なの?臨床でしょ?大学院出て資格取ったってそれで生活していける保証はないわけだし。臨床心理士の仕事の難しさと大切さを理解した上で尚残るもわもわとした疑問であります。・・・大学院かよ・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ