FC2ブログ

問15 学校五日制

問15 学校五日制についての記述で必ずしも正しくないものを選ぶ問題
①完全五日制の背景には労働時間の短縮、週休二日制の実施 ②実施過程で「新しい学力観」「総合的な学習の時間」導入 ③「学力低下」が叫ばれ、私学に流れる傾向 ④「ゆとり教育」の目的が達成

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルC
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

①と②は事実経過として正しいですよね。③と④が矛盾する記述ですが、「ゆとり教育」のひずみ・ゆがみから現在の教育の再構造化がすすめられているということから
正解は④
この講師の「「五日制と習熟度別指導や学校選択制は結果的には、そうでない子どもを冷遇し、教育の格差化と格差社会の再生産を促進する危険性がある」という指摘にはリアリティを感じますね。ただ、私は五日制自体に問題を見るより、教育の内容と方法の質を問うことなしに教育内容を削減したことにこそ問題があるように思います。だって学力世界一のフィンランド始め、欧米の五日制は当たり前ですから。最後に述べている「豊かなケアと学びの共生空間づくり」、これこそがこれからの教育の課題・学校教育の果たすべき役割、ということにも納得。というわけで、講習の最後を飾るにふさわしい内容でございました。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ