FC2ブログ

教育の最新事情(11)

問11
この章の問題は、「同僚性」にかかわる比較的易しい問題が出題されてきました。ただし、前回の傾向と対策で他の受講者のみなさんといっしょに考えなければならないような微妙な問題も出題されました。
昨春の問題は、この微妙な点をきれいさっぱり洗い流してくれる選択肢になりました。その選択肢とは、
「同僚性の構築には,懇親会をやれば十分である。」
これなら即×とわかりますね。

さまざまなシチュエーションでの「同僚性」について問う問題が出題されてきましたが、今回は次のふたつの事例のどちらかが出題されると予想します。

「いじめの例での同僚性について」(正四択)
予想問題1 担任するクラスの子どもが,いじめにあっているらしいという情報が入った。組織的な対応を行う教師としてもっとも適切な行動を次の①~④のうちから一つ選べ。
① 自分ひとりで事情聴取をする。
② 秘密保持のために,外部機関にまず相談する。
③ 自分の責任範囲で起こったことなので,しばらく経過を見守る。
④ 状況を管理職、学年教師や養護教諭,スクールカウンセラーなどに状況を伝え,それぞれの立場からの協力を仰ぐ。

「校則違反の例での同僚性について」(正四択)
予想問題2 隣のクラスの子どもが校内持ち込み禁止物を机の中に隠しているのを授業中に発見した。同僚性をもって協働する教師としてもっとも適切な行動を,次の①~④のうちから一つ選べ。
① その場で子どもに注意することで終わらせ,担任にはチクらない。
② その場で子どもに注意し,担任にチクるが,その子への指導は担任に任せる。
③ 授業後に子どもに声をかけ,担任に報告し,その子への指導を以後継続的に担任と協議する。
④ 子どもには注意せず,担任にこっそりチクる。




解答
予想問題1 ④
予想問題2 ③
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ