FC2ブログ

現代の生徒指導(8)

第8章は、旧は「スクールソーシャルワーク(SSW)」だったものに、冒頭部分に一般的なサポートネットワークや保健室の養護教諭の役割などを加えて「サポートネットワーク」をテーマにしています。しかし、内容的にはSSWのことが中心で、その意味では試験の傾向と対策もこれまでと大差はないと考えられます。付け加えられるとしたら、選択肢の中にサポートネットワークのひとつとして保健室の養護教諭の役割が入るくらいでしょう。

例題1 「スクールソーシャルワーク」の歴史について、次の中から適切でないものを一つ選べ。
1.アメリカで、貧困家庭の不就学や児童労働といった問題に対応するために20世紀冒頭に始まった「訪問教師」活動がスクールソーシャルワークの始まりである。
2.アメリカの「訪問教師」の役割は、子どもの問題を探るだけでなく、それを改善するために家庭・学校・地域の連携をはかることに重きをおいた。
3. アメリカの「訪問教師」は、1940年代には「スクールソーシャルワーカー」という呼称になった。
4.日本では貧しい家庭や長欠児童のために地域に入る「訪問教師」は、これまで存在しなかった。

例題2これまでの生徒指導が陥りやすかった点について、次の中から適切でないものを一つ選べ。
1.問題行動を類別して対策を講じる傾向が強く、個々の子どもに応じて発達を支援するという発想が弱かった。
2.子どもの観察が学校内のみで、一面的になりやすく、家庭や地域での子どもの様子を観察することが弱かった。
3.集団生活のルールを守らせることが前面に出てしまい、教師の方針や価値観を子どもたちに押しつけがちな傾向があった。
4. 教師の仕事は授業での学習指導だけであるから、それ以外の生徒指導をないがしろにしてきた。

例題3 「スクールソーシャルワーカー」について,次の①~④のうちから,適切でないものを一つ選べ。
① 2008年度から文科省はスクールソーシャルワーカー活用事業をスタートした。
② スクールソーシャルワーカーの配置は、社会福祉士などの専門家がいることによってはじめて可能になる。
③ スクールソーシャルワーカーは,校内で開かれる「支援ケース会議」のコーディネーター役になることが期待されている。
④ スクールソーシャルワーカーの活動は,教師が授業に打ち込めるように,生徒指導上の負担を軽減することにつながる。


解答
例題1 ④
例題2 ④
例題3 ②

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ