FC2ブログ

「傾向と対策」の前に

視聴が始まって10日余りたちます。
すでにすべての視聴を終えたという猛者もいらっしゃるようです。

今期も、できる限り受講者の皆さんに伴走しようと思います。(自信はありませんが拍手の数だけ・・・)
具体的には、いつものように今期の修了認定試験の「傾向と対策」をブログにアップするということです。
春期の予想問題の的中率は多分優に8割を超え、限りなく9割に近かったのではないか、と管理人は悦に入っています。
でも、実は管理人と「腹心の友」になった人ならよくわかるのですが、何も私の予想は、「神がかっている」とか、サマージャンボ買ったほうがいいよ、レベルのものでもなんでもなく、たくさんある過去問をもとにただ推測しているだけのものです。そう、放送大学の修了認定試験のほとんどは過去の問題の使い回しなのです。ただし、中には前回のように、3年ぶりくらいに出題されたという、インターバルのスパンがとても長い問題もあります。反対に毎回似かよった問題が出される問題もあります。「新傾向」と呼んで、これまでに一度も出題されなかった問題が出されることもたまにあります。昨年の夏は、必修の「教育の最新事情」のテキストがリニューアルされて、問題傾向がかわり、受験者、みな顔面蒼白といったこともありました。
今年の募集要項に掲載されているシラバスと今年の冬のテキストを対照させてみたところ、下記の2つの選択科目でテキスト内容がリニューアルされていることが判明しました。

スクールカウンセリング
第1章 講師交代
第2章 キーワード
第3章 キーワード
第8章 講師交代

生徒指導
第1章 キーワード
第2章 キーワード
第3章 講師交代
第4章 講師交代
第5章 テーマ
第6章 キーワード
第7章 テーマ・キーワード
第8章 テーマ・キーワード


この中でもっとも影響が大きいと思われるのは講師が交代した章です。試験内容も「新傾向」と考えるのが自然だと思われます。
次には,章のテーマが変わったという場合。キーワードがかわっただけで、講義内容と試験内容に影響があるかは微妙なところでしょう。これらについては、実際のテキストを手に入れて内容を照らし合わせてみる必要があるでしょう。結果については分析が終わり次第、またこのブログで報告します。

ところで、ブログをよく読みこんで、管理人と「腹心の友になりたーい」とおもっていらっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。はい、今期もやりますよ。視聴を終える人が出てきそうな、今月末から来月上旬にかけて。期間は短くするのでお見逃しなく。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

こっそり…

以前からこっそりブログ拝見させて頂いてまして、放送大学での受講にしました。もう視聴終わった方がいらっしゃるんですね!素晴らしいっ!!
今後もブログ参考にさせて頂きます♪お友達キャンペーンのコメントも残そう残そうと思いつつ、学期末やら夏休みやらで後回しにしていたら記事が消えてる?!もしまだ可能であればお願いしたいですm(_ _)m
よろしくお願いします!

これが最初で最後の更新講習です

千葉県の高校教諭です。
教務主任を引き受けてから3年目になります。

通学による講習は、校務や部活動指導で時間が取れないため、
放送大学にしました。しかし、2月は入試の業務がありますので、
この夏期講習しか受講できません。

申し込みが遅かったため、地元の千葉では受験できないので
茨城(水戸)まで 受験しに行きます。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ