FC2ブログ

問10 学校組織

問10 学校組織の改革について誤っている記述を選ぶ問題
①改正学校教育法では主幹教諭が置ける ②学校経営はPDCAサイクルの発展的展開が大事 ③改正学校教育法は「学校自己評価」「学校関係者評価」「第三者評価」を義務付け ④指導教諭の役割は子どもの指導と教職員の指導・助言

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB
(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

①は「置ける」んであって「置かなくてはならない」じゃあないからね。無理しておく必要ないってこと。②は解答としてはマルだけど個人的にはバツです(キッパリ)。企業経営の効率化の方策として生まれたPDCAサイクルは、人間を育てる学校現場では百害あって一利なしですよ。絶対形骸化しますって。それに①にしても④にしてもなんでそんな新しい職をつくらにゃいかんの?学校ってひとりの校長先生とひとりの教頭先生、そしてその他おおぜいの平教員、これで十分しょ。教員を指導・管理する人ばっかり増やしてどうすんのよ、子どもを指導する人を増やせよ、って思う。③は、見たとたん「そんなにたくさん義務付けられてたっけ?」。この感覚が正解。義務付けは「学校自己評価」だけ。よって
正解は③
ところで、この講師、最後に「ただし、学校という組織には、教育専門職という独自の組織特性があり、企業組織や行政組織と異なる点も十分に考慮して学校組織マネジメントを行うことが重要である。」と述べている。一番言いたいことをイタチの最後っ屁みたいに言ってくれたとしたら、この講師を尊敬するわ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ