FC2ブログ

小学校外国語活動(8)

問8
夏期出題
(土)「楽しさを体験する指導法」(正四択)
(日)「総合的学習の時間との関係」(空所補充2箇所)

正解選択肢は、
(土)「中学での外国語教育との関係を踏まえて,児童にはできるだけ正しい表現でコミュニケーションを図るように指導する。」
(日)「(ア)横断的・総合的(イ)適切な学習活動」
(学習指導要領の穴埋め問題です。)

この問いは、これまで非常に規則的な出題順があったのですが、夏期でその規則性が崩れたようです。それでもある程度の予想はできそうです。
今期は以下の「指導体制作り」が出題されると予想。
例題12 小学校外国語活動の指導体制作りとして、適切でないものを一つ選べ。
1.指導者研修や多様な指導者の採用により指導体制を充実させることが大切である。
2.各学校のこれまでの取り組みを基に,継続的な教育が可能な校内体制を整備する。
3.これまでの小学校3・4年生の「総合的な学習の時間」での国際理解教育としての外国語活動は止め、校内体制を整備し直す。
4.校内における英語活動の指導体制を作るとともに、その内容を保護者へ十分説明する。


例題13 小学校外国語活動を成功させる体制作りとして,適当でないものを一つ選べ。
1. ALTの採用や,外国語に堪能な地域の人材を使い,指導体制を充実させること。
2.すべての学校が一律に同じ条件でゼロからのスタートラインに立つこと。
3.保護者の理解を得るため,保護者への説明を十分に行っておくこと。
4.「外国語活動」の教育目標に照らし継続的な教育改善が可能な校内体制を整備すること。



解答
例題12 3
例だ13 2

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ