FC2ブログ

小学校外国語活動(1)

下記も参考にして下さい。
夏期・小学校外国語活動・傾向と対策

問1
夏期出題 
(土)「コミュニケーション能力の「素地」」(語四択)
(日)「コミュニケーション能力の「素地」」(正四択)

同じテーマの問題ですが、(土)は「素地の意味」(日)は「素地の例」の問題です。でもぶっちゃけ同じ様な問題です。
正解選択肢は、
(土)「文法や語彙を覚えるのではなく,英語によるコミュニケーションが楽しい,もっと英語をやりたい,という気持ちを育てること。」
(日)「文法や語彙を覚えることではなく,英語によるコミュニケーションが楽しい,もっと英語をやりたい,という気持ちを育てること。」


この問いは、ほぼ規則的に使い回しが行われているので今期は以下の2問と予想。
例題1 小学校外国語動の目標・「積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度の育成」の内容として適切なものを一つ選べ。
1.ALTとコミュニケーションをするために、英語の構造や単語を覚え、努力すること。
2.英語でのコミュニケーションの楽しさを経験することで、もっとコミュニケーションをしたい、と思う気持ちを育てること。
3.ネイティヴ並みの英語の発音を身に付け、コミュニケーションが楽しいと思わせること。
4.基本的な英語の表現を反復練習することで、正しい英語でのコミュニケーションをする自信を与えること。

例題2 小学校外国語(英語)活動はどうして必要か。その理由としてもっとも適切なものを一つ選べ。
1.中学校からでは英語の文法や語彙を身に付けるのが遅くなるから。
2.小学校での体験的学習が中学校以降の理論的学習をすすめるのに役立つから。
3.小学校から英語を始めれば、発音がネイティヴ並みに良くなるから。
4.中学校の英語教育を前倒しすることで、英語の授業時間数を増やすことができるから。



解答
例題1 2
例題2 2

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ