FC2ブログ

問6 心理教育

問6 心理教育について間違った記述を選ぶ問題
①心理学者の教育 ②学び手の側に寄り添う ③体験学習の活用 ④仲間づくり

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルC(A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル)

「心理教育」ってこの講習で初めて知りましたよ。「心理教育は心理学者による教育ではない」というのは視聴の中で確か講師が言っていた。が、テキストを読んでいればわかるし、選択肢を見ればなんとなく答えはわかる。
この講師を含めて、放送大学の講習では「協働」とか「同僚性」というキーワードで教育現場の課題を提起する講師が多かった。これには大いに共感できた。教員が分断され競争させられてる教育現場の実態をよく知っている上での提起だから。でもこの章で紹介されていた「アサーション」での「良いとこ探し」にはどこか違和感を持った。わざとらしいというか。まあゲーム・トレーニングとしての効果は認めますがね。現実の子どもたちの生活に即した場面で実践すべきことじゃあないかなあ。

正解は①
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ