FC2ブログ

スクールカウンセリング(2)

問2
夏期出題
(土)「教師とスクールカウンセラーの連携」(正四択)
(日)「教師とスクールカウンセラーの連携」(正四択)

ここはいつも似たような問題4パターンほどを使いまわしています。しかもすべて「正四択」の問題です。
正解選択肢は、
(土)「スクールカウンセラーは教師のメンタルケアにも配慮する。」
(日)「スクールカウンセラーによるカウンセリングを受けている生徒に対しても,教師はそれまでと同様に関与を続けるべきである。」


今回は次の2つのパターンが出題されると予想。
例題2 教師とスクールカウンセラーとの連携について,正しいものを一つ選べ。
1. 守秘義務があるスクールカウンセラーは,児童・生徒からのどのような情報も教師に伝えることはない。
2. スクールカウンセラーは児童・生徒のためのものであり、教師が自分のことを相談することはできない。
3.カウンセリングの目的の第一は、問題の原因をはっきりさせることにある。
4.スクールカウンセラーと面接をしている児童・生徒に対しても,教師は他の児童・生徒と同様な関わりを続けていくことが大切である。


例題3 教師とスクールカウンセラーとの連携について,正しいものを一つ選べ。
1.教師も個人的な悩みをスクールカウンセラーに相談できる。
2.カウンセリングの目的は問題の原因をはっきりさせることにある。
3.児童・生徒にカウンセリングを勧めるときには,教師はできるだけ関わらない。
4.「集団守秘義務」があるのはスクールカウンセラーだけである。



例題2  4
例題3  1
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ