FC2ブログ

現代の生徒指導(4)

問4
夏期出題
(土)「親・家族とのやりとり」(誤四択)
(日)「親・家族と生徒指導との関係」(正四択)

正解選択肢は、
(土)「児童・生徒の今後を真剣に考えるなら,親・家族として無責任で楽観的な見通しは早く捨てるように働きかける。」 
乱暴な表現だからすぐわかります。
(日)「親・家族は生徒指導の協力者である。」
これも他の選択肢との関係で簡単です。

今期出題が予想されるのは次の2つの問題。

例題7 モンスターペアレントについて,もっとも適切なものを一つ選べ。
1. モンスターペアレントと視点で,保護者の情報を事前に入手しておくことが欠かせない。
2. モンスターペアレントには,やりとりを出来るだけ短く切り上げることがコツである。
3. モンスターペアレントという言葉によって教師と親との信頼関係づくりが難しくなってしまうことを理解すべきである。
4. モンスターペアレントとは,パーソナリティ障害を抱えた親たちのことである。"

例題8 コラボレーション(協働)について,適切でないものを一つ選べ。
1.意見の違いが生じたときこそ,お互をより深く理解するためのチャンスである。
2.コラボレーションの真のねらいは,しつけを学校任せにする親を諌めることにある。
3.コラボレーションでは,立場の違いを超えて対等な関係で繋がるように心がける。
4.コラボレーションという考え方は,「開かれた学校」づくりに欠くことができない。


例題7
解答3
例題8
解答2
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ