FC2ブログ

学校経営(3)

問3
夏期出題
(土)「ティーム・ティーチング」(誤四択)
(日)「学級担任制」(誤四択)

それぞれの誤四択の正解は、次のように常識で判断できる範囲で簡単です。
(土)「ティーム・ティーチングとは,学級王国の存在を認め,学習指導についても生徒指導についても,互いの学級経営を尊重して口を差し挟まないことを旨とする,学級担任間の相互の連携・協力体制をさす。」
(日)「中学校の学級担任は,小学校の教員免許状を所有してなくても,小学校の学級担任となれる。」


冬期はこのどちらかと「義務標準法」が出題されると予想。

例題3 次の各文の中で適切でないものを一つ選べ。
1.2011年の義務標準法の改正で、小学校第1学年の学級編制の標準が35人に引き下げられ、学級編制に関する市町村教育委員会の裁量も拡大した。
2.1993年4月からの第6次公立義務教育諸学校教職員配置改善計画では,一律に学級規模を縮小するのではなく、指導方法の多様化を促進する方策が取られた。
3.いわゆる義務標準法は,1958年に義務教育水準の維持向上を目的に制定され、学級編制の標準を50人とした。
4.いわゆる義務標準法は、戦後教育改革から生まれたもので、1947年に制定されたが、「すし詰め学級」の解消にはつながらなかった。


例題3
解答4

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ