FC2ブログ

教育の最新事情・傾向と対策(13)

問13 (第13章)
 昨夏の試験は、基本的には例年通りでした。
(土)「学校をめぐる法的問題」(正四択)
(日)「学校事故」(正四択)

ただし、(土)の試験には、「平成24年度中に体罰を行ったことにより当事者責任として懲戒免職処分を受けた教員は,全国で100名を超す事態となっている。」という数で惑わせる選択肢がありました。(答えは×)
 多少の変化はあっても今後も、問題傾向は大きくは変わらないことが予想されますので、1昨年の夏にこの講師の問題傾向を「裸」にしたものを再々掲して、傾向と対策に変えます。

この講師の問題は難しいように思えますが、毎回似たような選択肢が出ていて、以下の問題に正確に答えられれば意外と簡単です。
その問題とは
1.損害賠償責任について
①公立学校の教員は、体罰、部活事故など、教育活動において生じた事故に
損害賠償責任を負う。
②公立学校の教員は、学校・施設の不具合に起因する事故にも損害賠償責任を負う。
③学校の設置者は、体罰、部活事故など、教育活動において生じた事故にも損害賠償責任を負う。
④学校の設置者は、学校・施設の不具合に起因する事故に損害賠償責任を負う。

(答え ①○  ② ×   ③○   ④○ )

2.教育訴訟の構造
①教師の立場は、かつての原告中心から、被告中心に移行しつつある。
②学校や教育委員会に」直接苦情を申し入れる保護者が急増している。
③上記で司法判決を求める傾向は従来と変化なし。
④教員は一般公務員に比べ、懲戒処分がより厳しい基準で行われる判例が存在する。

(答え ①○  ② ○   ③×   ④○ )

3.教師の規範意識
①教師は正当なり理由がない限り、授業時間中、原則として教室に在席し、児童・生徒の安全を確保する義務がある。
②公立学校の教員には、授業に支障がない限り勤務地を離れて研修を行うことが認められている。
③上記の研修は、申請があれば、内容の如何を問わす校長は許可しなければならない。
④ 学校の教員は、効果が高い自主教材を主たる教材として積極的に利用できる。
⑤ 学校の教員は,「教育の自由」を広く有しており,学習指導要領に拘束されるわけではない
⑥ 学校は、児童・生徒が登校から下校するまでの間、児童・生徒の生命・身体の安全を確保する義務を負う。

(答え ①○  ② ○  ③×  ④× ⑤× ⑥○)

以上の内容についてチェックしておけば、問13は容易にクリア!です。

おまけで、オリジナル予想問題を一題。
問13 
「いじめ防止対策推進法」に関する次の4つの文で、適切でないものを選びなさい。
1.いじめ防止対策推進法は、このいじめが有する危険性を重視し、いじめの防止、いじめの早期発見、いじめの防止等を狙いとして制定された法律である。
2.いじめ防止対策推進法は、「いじめ」を、「児童等に対して一定の人的関係にある他の児童等が行う心理的又は物理的な影響を与える行為であって、当該行為の対象となった児童等が心身の苦痛を感じているものをいう」と定義している
3.いじめ防止対策推進法は、学校の設置者に対して、いわゆる「学校いじめ防止基本方針」の策定を義務づけている。
4.いじめ防止対策推進法は、各学校に対して、いじめ対策の中心となるべき「いじめの防止等の対策のための組織」の整備を義務づけている。




解答 3
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

問13は、私もやっていて
どれ~?どこに書いてあるの~?
と絞りきれないのが多かったのですが、わかりやすく解析していただきありがとうございました。
それで、もう一度問題を解き直していたのですが、
2011年2月26日の問題は、正4択だったでしようか?
以前のブログorコメントに出ていたらすみません。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ