FC2ブログ

教育の最新事情・傾向と対策(9)

問9 (第9章)
夏期の出題内容は下記の通りです。
(土)学習指導要領改訂の方針(正四択)
(日)学習指導要領が改訂されてからの状況(誤四択)

(土)の問題はこれまで通りの傾向の学習指導要領にかかわる問題でしたが、(日)は、テキストの改訂を受けて、テキストの内容に沿った「指導要領改定後の教育をめぐる情勢」にかかわる新傾向の問題が出されました。具体的内容としては予想通り、「国際学力調査(PISA)にかかわる内容」が誤選択の正解として出されました。
「国際学力調査の結果は低下する一方であり,学力低下論争が再燃した。」×(2009年より上昇傾向、2012年には世界トップクラスとなる)
おそらく、冬期も土日にわけてどちらかの問題が出題されると予想されます。
したがってこの章も、夏期の予想問題がそのまま利用できますので下記にそのまま貼っておきます。

問9(その1)
新学習指導要領で2008年3月に改訂された点について,次の①~④のうちから,正しいものを一つ選べ。
1. 文化的な活動を大事にする視点から,音楽,図画工作(美術)の時間を増やした。
2. 小学校,中学校ともに,一番授業時間数が増えたのは国語である。
3.教科横断的に言語活動を重視するという観点が強調されている。
4. 小学校の第5,第6学年で,外国語活動が選択科目としてはじめて設けられた。


問9 (その2)
2008年の学習指導要領の改訂にあたって立てられた方針として,次の4つのうちから,正しいものを一つ選べ。
1. 「生きる力」をつけるという理念から、「確かな学力」の重視に移行する。
2. 「主体的な学び」という理念から,基礎・基本的知識の習得重視に転換する。
3. 1998年の改訂で削減しすぎたと言われる教科内容を、一部復活させる。
4. 基礎学力向上に向け、教科の時間数を増やす必要上、完全週五日制を廃止する。


新しい傾向としては、以下のような問題が考えられます。
問9(その3)
全国学力・学習状況調査の実施とその影響について述べた次の4つの文の中で、正しいものを選びなさい。
1.2007 年から小学6年生と中学3年生を対象に実施された全国学力・学習状況調査は、悉皆調査として行われてきたが、学校や自治体に及ぼす影響はそれほど大きくない。
2.2013 年調査の結果では、都道府県別の平均点を見る限り、地域間格差は、益々拡大していく傾向にある。
3.2013 年調査の結果では、全体的に基礎基本的な知識を測るA問題の成績が思わしくないことなどが指摘されている。
4.調査結果が思わしくなかった自治体や学校においては、対応策として全国調査用の問題集を使って試験対策的な学習を促すところもあり、調査目的との整合性を懸念する声もある。


問9(その4)
国際学力調査(PISA)の結果について述べた次の4つの文の中で、誤っているものを選びなさい。
1.2003年、2006年の日本のPISAの成績は低下し、いわゆる「PISAショック」と呼ばれ、その後の「脱ゆとり教育」に拍車をかけることになった。
2.2009年のPISA調査で日本はやや持ち直し、2012年には、2000年を上回る過去最高の成績を上げ、OECD加盟国の中では実質総合1位と言える。
3.PISA の成績の向上は、実践的な問題解決力、表現力,豊かな創造性,社会性やコミュニケーション力が、日本の児童生徒に育っていることを意味する。
4.日本のPISAの成績の伸びは、「確かな学力」の趣旨徹底や,全国学力・学習状況調査を実施してきたことの効果の現れと見ることができる。


正解
その1 3
その2 3
その3 4
その4 3
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ