FC2ブログ

教育の最新事情・傾向と対策(4)

問4
日本語もあやしいこの講師、夏期の出題でも物議をかもしだしました。いえ、問題は簡単なのですがその日本語の表現のしかたが・・・
出題はこれまでとガラッと変えてきて、「 現代日本の子どもの特徴」「現代社会の教育への影響」
いずれも誤四択で次の選択肢が○か×かわかればOK。
「保育所の待機児童に見られるように乳幼児の人数が増えている。」
「少子化は子どもの価値を失わせ,そのため子どもを大切にしなくなる。」

もちろん、両方×。
今期の出題傾向は・・・・・読めません。そういう講師なのです。
新傾向の問題が続く可能性もありますが、使い回しの問題ですと久々に「素朴理論(誤四択)」がくるかも。
それから「子どもの運動能力低下の要因(誤四択)」、「幼児教育から小学校教育への連携・接続(誤四択)」も。
これらの誤四択の正解選択肢は次の3つ。
「素朴理論は大人になれば,学校教育の成果として克服されるものである。」
「学校の体育の時間が減ったために,運動する機会がなくなった。」
「幼児教育では遊びを中心としていて,小学校の学習活動の用意がないので,もっと学習活動を早期から始めるべきである。」

もうひとつ出題可能性のある「経済格差が学習に及ぼす可能性(正四択)」の正解選択肢は、
「 相対的貧困率は所得の中央値の50%で定義できるが,それ以下の世帯の子どもはかなりの実数が存在する。」




スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

過去問の2012年8月26日の問4の
欧米や東アジアの国々と比べて顕著な特徴が、見られる~現代日本にあまり当てはまらないものを………
と言う問題ですが、回答例では
3の「家庭による違いが大きい」となっていますが、
4の「将来の夢を描いて、向上心を抱く子供が多い」じゃないのかな……と個人的に思うのですが合ってますか??

Re: タイトルなし

まーさん さま

まーさんさまの答えが正解のようです。
テキストにも日本の子どもの特徴として、
「将来への夢や希望や向上心を高く持たない子どもが多い。」
とありますね。
ただ、3の「家庭による違いが大きい」も
「経済格差」の家庭の子どもへの影響も大きいということもあるので、
まったくの間違いというわけではありません。

傾向と対策でも何度も指摘していますが、
この章の講師は、なんかヘンです。
こういう問題をつくってしまうような講師だと
あきらめるしかありません。
腹心の友のみなさん、
この問題の答え訂正して置いてくださいな。
もっとも出題確率はあまり高くありませんが。

いずれにしても、まーさんさま
重要なご指摘、
ありがとうございました。

返信ありがとうございます。
どじさんの指摘通り、変な問題が多いですね(*_*;
日本語も変だったり。
夏のテキスト改正にあたってのどじさんのブログに目を通し、後半の的確な突っ込みに共感しながら勉強しております。
とても心強いです。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ