FC2ブログ

教育の最新事情(1)

注: 問題の主題と移り変わりを→で示しています。
「正四択」=正しいものを4つの中から一つ選ぶ問題
「誤四択」=間違ったものを4つの中から一つ選ぶ問題
「空所補充・2箇所組合せ」=空所に当てはまる語の組合せで正しいものを4つの中から選ぶ問題


それでは問1から
テキストの変更点:
・例えば反転授業のように家庭学習と学校での授業との関係の変化等も伴っている。
・学校の学びのシステムそのものが変化してきていると言えるだろう。
・第1には,確かな学力の定着と活用である。
・TIMSS(国際数学・理解教育動向調査)やPISA(OECD 学習到達度調査)等の国際学力調査が示すように,習得した知識や技能を定着させ,それらを活用し探求できる力やそのための学習習慣や学習意欲を育てられるような授業や学習のありかたが問われてきている
・早期からの貧困は一層深刻となっている。教師と生徒の関係や規律,授業雰囲気においても学校間格差が大きい国となっている(OECD,2012)。
・教育の質には,方向性の質,構造の質,教育過程の質,成果の質という側面がある。教育過程の質保障のためには,学校として教育目標の明確化と規制のありかたの検討,カリキュラムの見直し,教員の資質向上体制,保護者や地域との連携参画,データに基づく質のモニタリング評価がどの学校種においても重要である(OECD,2012)。
・校内研修体制の充実と教員免許更新制度等よる現職教員の質の保障,子どもの学習の成果の評価や,少人数教育や特別支援教育の推進などへの対応が行われてきている。
・安心,居場所感のある学級や学校づくりと,集中没頭できる学習時間の保障が必要である。
・いじめ問題等(「不登校の増加」がカット)
・学習意欲を喚起し深く学ぶための思考の可視化に
・その卓越性をいかす
・明治以来
・世界各国が日本の授業研究に学ぶ動きが生まれている


これまでの出題傾向
「現在の日本の教育」(正四択)→「現在の日本の教育」(正四択)→現在の日本の教育(誤四択)→「教師の専門性」→「教師が「学びの専門家」であることについて」(誤四択)→現在の日本の教育(誤四択)→「教師の専門性」→「教師が「学びの専門家」であることについて」(誤四択)→現在の日本の教育(誤四択)


この講師の出題傾向は、上記の3つの問題傾向で出尽くした感があります。やさしい講師なのでどの問題が出題されても難易度は低いのでご安心を。
テキストのリニューアルとのからみで重要だと思われる点は、上記の4つめの変更点が旧テキストでは、
「第1に学力の低下への対応である。TIMSS(国際数学・理解教育動向調査)やPISA(OECD 学習到達度調査)等の国際学力調査や教育課程実態調査データが示すように、習得した知識・技能といった学力の低下や、学びからの逃走といわれてるような学習意欲の低下に学校がいかに対応するかが問われている」となっている点です。
これは、ここ数年で、日本の「学力低下」や「意欲の低下」に一定の歯止めがかかったということを意味しているのかもしれません。実は、「現在の日本の教育」の誤四選択の正答としてこの部分が選択肢となっていたので、今度の試験では注意が必要かもです。

問題とは直接関係はないかもしれませんが、「・その卓越性をいかす・明治以来・世界各国が日本の授業研究に学ぶ動きが生まれている」などの表現の変更にある種の「キナ臭さ」を感じてしまいす。安倍教育再生の「教育の反動化」「教育の独裁化」への「媚び諂い」のようなものを感じるのです。私の杞憂だといいのですが。しっかりしてよ。秋田先生!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

くるみまま

やっとやっと環境が整いあんなに焦ったのに昨夜より聞いてます、難しいのか眠いのかわからなくなってますが苦笑すぐにこちらで復習?ポイントもみるので非常にありがたいです!朝晩聞いてみて…なんとか、、やるしかなーい!明日は子どもの家庭訪問だし体調悪くて寝込んでましたし…皆さんも多忙!なのでほんとにありがとうございます!また、質問もさせていただきます、お疲れ様です!夏はこれから、今日も暑いですね~伸びちゃいます
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ