FC2ブログ

2013年度冬期「現代の生徒指導」傾向と対策(その1の改定版)

出題傾向の順番は
2012年度夏期(土)→同(日)→2012年度冬期(土)→同(日)→2013年度夏期(土)→同(日)
(  )内は問題形式 *空所補充問題も四択問題

問1
「教師のリーダーシップ行動」(正四択)→「教師のリーダーシップ行動」(正四択)→学級集団(誤四択)→「自己成就的予言」(空所補充)→「認知的文化」「規範的文化」(空所補充)→「教師のリーダーシップ行動」(正四択)

昨年の問題は毎回異なるので次回の出題傾向の予想はむずかしいのですが、対策としては、「自己成就的予言」とか「認知的文化」「規範的文化」とか、そのままだとわけがわからない用語をテキストで確認しておくことが第1です。
選択問題は、どれが正解か、文章表現から容易に推測できるようになっていますから問題ないと思います。
例えば、「学級集団」の問題では、
「個々の生徒を十分理解していれば、学級内の様々なインフォーマルな集団に留意し、把握する必要はない。」
は明らかに、間違いだとわかります。
また、「教師のリーダーシップ」は、2012年度の2つの問題は内容が違い、2013年度夏(日)と2012年度夏(日)の問題はまったく同じ問題です。
しかし、この問題の四択はとてもわかり易くて準備は要りません。


問2
少年法の定義(誤四択)→教師集団と生徒指導(正四択)→「反社会的問題行動」「非社会的問題行動」(空所補充)→子どもの問題行動と生徒指導(誤四択)→「反社会的問題行動」「非社会的問題行動」(空所補充)→子どもの問題行動と生徒指導(誤四択)

昨年度の冬期も、今年度の夏期もまったく同じ問題。したがって普通に考えれば、今期も同じ。曜日も同じなら土曜日が「反社会的問題行動」「非社会的問題行動」(空所補充)で、日曜日が「子どもの問題行動と生徒指導」(誤四択)
「子どもの問題行動と生徒指導」はコメントにも書きましたが、はっきり言って、この講師、やめたほうがいいと思います
「子どもの問題行動はさまざまであり、その対応には教師全員が共通理解をして同一歩調をとる必要はない。」
というのが「適切でない」選択肢として正解だそうです。
教師が一致するのは(できるのは)、子どもの人権を尊重する、(体罰はしない)くらいです。強面の教師がいてもいいし、気が弱くてついつい生徒に甘くなってしまう教師もいてもいい。今、「一致した指導」とか「ゼロトレランス」とか、子どもたちにとっても、教師にとっても、学校がどんだけ息苦しいものになっているか・・・。
この免許更新制度の「くだらなさ」がこういう問題に現れています。
2012年度夏期の試験と上記の問題は、内容的には似ていますが、正四択問題で選択肢が異なります。
「個々の教師の受容と共感的な態度」と「教師集団としてまとまった統一的な対応」の2点について両方必要か、片方は必要ないか、両方必要ないか、の4択です。正解はもちろん、両方必要ということで、上記の問題に比べれば「まとも」な問題と言えます。
昨年度夏に出題された「少年法の定義」は、少年法上の「犯罪少年」「触法少年」「虞犯少年」「非行少年」の定義を覚えておいてください。もしかしたら...久しぶりに出題されるかも?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

問2

少年法の定義(誤四択)とは、どのような問題ですか?
テキストを見てもどの辺のことかわからないのですが。

見つけました

少年法、資料1ですね。本文しか見ていませんでした。
でも、どのように出題されるのか、教えて下さい。よろしくお願いします。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ