FC2ブログ

不合格はありうるか?

回の認定試験を受験した方々で
特に「学校経営」を選択科目として受講した方々に
「不合格」になるのでは、という不安と、
「来季にかける」(たぶん選択科目を変更して)
というあきらめムードが感じられ、
管理人としても心が痛みます。

でもあきらめるのはまだ早い!
試験が終わってから何言ってんの?
って思うかもしれませんが、
ここで、秘密のヴェールに包まれた
放送大学独特の合否判定方法が
みなさんを祝福の地へ誘う可能性が
出てくるのです。

すでに、コメントにも紹介されていますように
対面講座を行っている大学の認定試験は、
記述式が多く、「何でもいいから書けば合格」
というものがほとんどです。
放送大学同様、インターネット受講を行っている某大学の修了認定試験は、
講座テキスト持ち込み可となっています。
(その代わり、講座ごとのレポート提出が面倒らしい)

これは、言うまでもなく、
受講者を「落とさない」「落とせない」という当たり前の現状認識からくる、まっとうな方針です。

しかし、更新制度を導入した側は、やはり[不適格教員」を探し出して免許を失効させたいし、
その手先となっている文科省は、大学側に、
建前上、「適格者主義」で一定の基準に満たないものは不合格とする試験システムを要求しているでしょう。

ですからどの大学もあからさまに「全員合格」とは言えない。
そんなこと言ったら、文科省の認可を得られません。

ですから、大学ごとにさまざまな工夫をして、全員合格に近づけようとします。
これは、教員免許制度の問題性を自覚していることからくる当然の処置です。
(私学の場合は経営的な問題もからみます)

では、肝心の放送大学の「工夫」とは何でしょうか?
すでに過去の記事にあるように、
放送大学公式発表の、得点率による評価と60%以上の得点率で合格という方法は「建前」であり、裏の評価基準があるのでは、ということがささやかれています。
極端に言えば、「受講完了」の時点ですでに、合格が内定している(C評価)
という憶測です。

3問間違えたけどA判定だった、とかいう未確認情報もあるし、、
かくいう管理人も選択科目で1問は確実に間違えたのに、○A判定をもらいました。

この辺をあまり深く突っ込んでしまうと、放送大学の立場があやうくなり、
放送大学の免許更新そのものが、上からつぶされてしまうことも考えられますのでことは慎重に運ばなければなりません。

でも言えることは、
学校経営は確かにムズい科目だったはと思いますが、
選択科目によって合否が左右されることは
放送大学にとっても本意ではないと考えられますので
それこそ、「全力で」合格にするような「工夫」をしてくる可能性があります。

で、たぶん
私の憶測ですが、
みなさん、全員合格していると思います。
9月の終わりには、みんな「やれやれ」と
胸をなでおろしているだろうと思いますよ。

選択科目を間違えたくらいで人生が変わるって
おかしいでしょう。
あり得ません。

ところで、2月受講を考えていらっしゃる方
受講期間が来年の1月31日までの方は、
間に合いませんのでご注意を!


それから、アンケートへのご協力も
引き続き宜しくお願い致します。










スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

Re: タイトルなし

衝撃的な情報ありがとうございます。
このコメント、
公開してよろしいでしょうか?

おちましたよ

学校経営より、要注意な科目あり

学校経営は、噂で聞いていたし、過去問、データが豊富だったので、上位合格点でした。
必修の「教育の最新事情」は、素直な良問でした。本来の認定試験はこうであってほしいと私は思います。

一方、要注意なのが、「生徒指導と教育相談」並びに「小学校外国語活動(英語活動)概論」です。

いずれも、講義の内容が良かっただけに大変残念です。

試験が意地悪でひねくれたもののように感じました。

特に、英語の方は、いかにも「概論」で、大学の机上の空論的な問題でした。

教科化について、実践力を問うような問題でなく、指導案を見てるか見てないような薄っぺらで意味の少ない問題で、がっかりしました。

見方を替えれば、現場にいなくとも、指導案を読んでれば受かります。

しかし、免許更新制度、これでいいのかと私は、感じました。

次のかた、問題作った方に読んでいただけると幸いです。

おちました

は~い。外国語、落ちました。一番楽しい内容だったから残念。もしかしてマークシートずれてたか?と思うくらい。他の通信で秋の講座を見つけたので、また6000円払ってがんばりま~す。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ