FC2ブログ

情報社会に対応した学校教育

情報社会に対応した学校教育
「情報教育」の問題は超簡単なので、
傾向と対策にあげませんでしたが、
それでも不安だという人のために
これだけおさえとけば安心というものを
最後にお示しします。


「情報教育」の問題は、ほとんど「虫食い」、
つまり、空所補充問題です。
そして、それに使われる文章はほとんどワンパターンです。
試験のたびに「虫食い」箇所を少しずつ変えています。
虫食い箇所は、簡単な語句で、初めてみる文章でも
常識を働かせれば(常識以下かも)わかるものです。


以下がよく虫食いに使われる文章です。
太字の箇所がよく虫食いになる部分です。
たいして重要でもないことばが虫食いになっていることがわかると思います。

問2 小学校学習指導要領(平成20年3月改訂)におけるICT活用の位置
各教科等の指導に当たっては,児童がコンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段に慣れ親しみ,コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作や情報モラルを身に付け,適切に活用できるようにするための学習活動を充実するとともに,これらの情報手段に加え視聴覚教材や教育機器などの教材・教具の適切な活用を図ること

問3 授業におけるICT活用の学習効果
実物投影機やプロジェクターといったICT機器を活用すれば,子どもたちが使っているものと同じものを,瞬時に大きく映して提示することができる。

問4 情報活用能力の内容
情報活用の実践力では,「課題や目的に応じた情報手段の適切な活用」「必要な情報の主体的な収集・判断・表現・処理・創造」「受け手の状況などを踏まえた発信・伝達能力」を培うことが重要である。

問6 「新小学校学習指導要領解説総則編」(第3章第5節9から抜粋)
情報発信による他人や社会への影響について考えさせる学習活動,ネットワーク上のルールやマナーを守ることの意味について考えさせる学習活動,情報には自他の権利があることを考えさせる学習活動,情報には誤ったものや危険なものがあることを考えさせる学習活動,健康を害するような行動について考えさせる学習活動などを通じて,情報モラルを確実に身に付けさせるようにすることが必要である。

問7 「教育の情報化に関する手引」(6章第1節校務の情報化の目的」から抜粋)
校務の情報化の目的は,効率的な校務処理とその結果生み出される教育活動の質の改善にある。校務が効率的に遂行できるようになることで,教職員が児童生徒の指導に対してより多くの時間を割くことが可能となる。また,各種情報の分析や共有により, 今まで以上に細部まで行き届いた学習指導や生徒指導などの教育活動が実現できるなど,様々な恩恵を受けることができる。このように校務の情報化は,ますます進展する情報社会において,ICTを有効に活用して,よりよい教育を実現させるためのものである

問8 新学習指導要領のポイント
1.改正教育基本法等を踏まえた学習指導要領
2.「生きる力」という理念の共有
3.基礎的・基本的な知識・技能の習得
4.思考力・判断力・表現力等の育成
5.確かな学力の確立のための必要な授業時数の確保
6.学習意欲の向上や学習習慣の確立
7.豊かな心や健やかな体の育成の指導の充実


この他、問5で、新学習指導要領に定める情報科目の教科名なども出題されます。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

お世話になっております<(_ _)>

が、この夏は、親父の介護等で大忙し。
明日試験だなんてどうしよう…(T_T)
と焦っております。

が、仕方ないので不合格になる覚悟で行ってきます(>_<)

Re: No title

だいじょうぶ!
ものじやさん
絶対合格しますから!
親の介護している人を
不合格にしたら
おてんとうさまは許しても
このドジさんが許しませんから。
安心して試験を受けてきて下さい。
ドジ

ありがとうございます

朝から緊張で、お腹壊しています(T_T)

頑張ってきます。
ホント、自信ないんですよねぇ…。

初の「不合格者」になったら、ごめんなさいw
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ