FC2ブログ

スクール・カウンセリング(2)

スクールカウンセリング傾向と対策2

問5
自閉症の特徴(誤四択)→発達障害理解への三層構造(誤四択)→発達障害への理解(正四択)→発達障害への理解(正四択)→発達障害の特性(誤四択)

発達障害と「家族」を結び付けるような記述の選択肢はNGということを覚えておいた方がいいでしょう。
それから発達障害への理解で○の選択肢は
「発達障害と思われることの背景には、発達障害以外の様々な要因がありうる」ですので覚えておいてちょ。

問6
すべて「保護者への対応(正四択)」
これも次の項目をCHECKすればOKです。
①保護者自身が子ども時代にいじめ被害の経験があるとその影響は今でも残っていることがある。○ or ×
②保護者自身がメンタルヘルス上の問題を抱えていたら、できるだけ明らかにすべきだ。○ or ×
③DVはまれで、被害者は専門機関に行くので学校はノータッチでよい。○ or ×
④保護者自身が子ども時代、トラブルを起こしていても今では後悔して反省していることが多い。○ or ×
⑤対応が難しい保護者は専門機関への紹介を行うのがよい。○ or ×
⑥困らせる保護者は実は自身が困っている場合が多い。○ or ×
⑦学校教育は保護者自身が抱えている問題に立ち入る必要はない。○ or ×
⑧保護者に対しては理性的に対応し、保護者にも同様な対応を求めるべき。○ or ×

(解答①○ ②× ③× ④× ⑤× ⑥○ ⑦× ⑧×)
正四択なので①か⑥の選択肢が正答となります。

問7
保育Cの業務(誤四択)→保育Cの業務(誤四択)→保育者と保育Cとの連携(誤四択)→幼稚園と関連機関の連携(誤四択)→保育Cの業務(正四択)
これもパターンが決まっているので保育Cの仕事についての次の設問を要CHECK!
①幼稚園・保育所などの保護者の個別相談・専門的支援 ○ or ×
②地域の保護者の個別相談・専門的支援 ○ or ×
③幼稚園・保育所などで幼児の個別指導 ○ or ×
④幼稚園・保育所などで幼児の行動観察・専門的支援 ○ or ×
⑤幼稚園・保育所などで幼児の問題行動のみに注目し専門的支援 ○ or ×
⑥小学校と連携して就学後も児童の相談 ○ or ×
⑦療育機関と連携し、幼児の個別の発達支援 ○ or ×
⑧医療機関と連携し、幼児の健康維持向上に努める ○ or ×

(解答①○ ②○ ③× ④○ ⑤× ⑥× ⑦× ⑧×
ポイントは、保育Cは、幼稚園・保育所の保護者だけでなく、「地域の保護者への専門的支援を行う」、ということ、
そして、保育Cは、幼児の「個別の発達指導」をするのではなく
「行動観察にもとずく専門的支援」を行うこと、の2点のようです。

問8
Cの全校配置の理由(誤四択)→Cの全校配置の理由(誤四択)→SCの中心業務(誤四択)→SCの守秘義務(正四択)→SCの守秘義務(正四択)
「Cの全校配置の理由」は誤四択の問題なので答えは簡単。(「幼児期のしつけの強化」って誰でもわかるよね)
「守秘義務」の問題は正四択なので、「学校全体で守秘義務の意味について考えることが大切」というのが正解。

お友達キャンペーン今週木曜日で締め切ります!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ