FC2ブログ

最新の教育事情

最新の教育事情
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは変えてあります。

問1 教師の専門性について正しいものを選ぶ問題
① 教師の適応的な熟達=授業で状況に敏感に応じて判断し行動できること
② 教師の教養の高度化=先端の学問技術に関する知識に詳しくなること
③ 学びの専門家としての教師=教員採用試験の成績が良い教師
④ 学びの専門家としての教師=学習指導のみに専念する教師


問2 少年漫画に描かれた教師像で適切でないものを選ぶ問題
①子どもたちの教師に対する願望や憧れを読み取れる。
②これからの社会や時代が求める教師像を読み取れる。
③子どもたちの教師に対する願望や憧れが読み取れない。
④現在の社会が教師に対して抱く批判を読み取れる。


問3 教師の「資質能力」の側面として適当でないものを選ぶ問題
① 教科指導や生徒指導にかかわる能力
② 子ども観・教育観を持つこと
③ どこから見ても申し分のない人格
④ 常に自己を成長させようとする姿勢


問4 子どもの運動能力の低下の要因として推察できるものを選ぶ問題
① テレビゲームの普及
② 自動車社会
③ 学校の体育の時間の減少
④ 運動する子どもと運動しない子どもの差


問5 集団規範や集団のルールについて適切でないものを選ぶ問題
①子どもに集団生活や集団活動を経験させることが有効
②子どもが自分一人で自然と身につけていくもの
③集団内の人間関係を通して獲得
④教師間の協力関係が必要


問6 子どものこころの問題で,教師が果たす役割について適切でないものを選ぶ問題
① 教師は教えの専門家なので児童・生徒のこころの問題への対応はすべきでない。
② カウンセリング・マインドで児童・生徒と向かい合う。
③ 他の教師や異なる専門家と連携・協力する。
④こころの問題に配慮する大人の一人として,教師に寄せられる期待が増えてきた。


問7特別支援教育の体制について正しいものを選ぶ問題
① 特別支援教育コーディネーターは学校外の専門家
②通級による指導の対象は知的障害
③特別支援教育コーディネーターが中心に校内委員会を開催
④ 巡回相談員は保護者の相談を受けて助言するのが中心


問8 2006年の教育基本法改正に伴い、学校教育制度に関する規定が大幅に改正された法律と何か
① 地方教育行政の組織及び運営に関する法律
② 教育職員免許法
③ 学校教育法
④ 教育公務員特例法


問9 学習指導要領で2008年3月に改訂された点について正しいものを選ぶ問題
① 文音楽,図画工作(美術)の時間数の増加
②もっとも授業時間数が増えたのは国語
③言語力を育てる視点を強調
④小学校の第5・6年で,選択として外国語活動が新設


問10学校組織や学校評価の改革について適切でないものを選ぶ問題
①教育活動の特性や教職の専門職性などに配慮したリーダーシップを発揮すべき。
② 学校教育目標はすぐに成果が現れにくいので基本的に見直す必要はない。
③ アンケート等を活用し,学校の改善に資するように工夫するのが望ましい。
④ 副校長とは,校長を助け,命を受けて校務をつかさどる学校職員。


問11 担任する学級で「いじめ」事件発生。同僚性をもって協働する担任としてもっとも適切な行動を
選ぶ問題。

①管理職にまっさきに事実を伝える。
②状況を管理職に伝えると同時に,学年教師や養護教諭,スクールカウンセラーなど周囲の教職員に状況を伝え,それぞれの立場から支援してもらえるようにする。
③担任の責任でしばらく経過観察。
④校内での処置はむずかしいので外部機関にまず相談。


問12 これからの学校と地域との関係について,適切でないもの選ぶ問題
①学校施設の複合化の動きが見られるようになっている。
②教育プラットフォームづくりに注目が集まっている。
③学校には塾の本格的な参入が広がっている。
④教職員の本来的な役割をどう定義し,学校の役割をどう考えるかという問題が重要。

問13 学校教育法第1条が規定する学校について適切でないものを選ぶ問題
①教員は高いモラルと法や社会規範を遵守する姿勢が求められる傾向にある。
②教育公務員特例法上,公立学校の教員には,授業に支障がない限り勤務地を離れて研修を行うことが認められている。
③学校は,法的存在であり,多様な教育関係法規の「見えざる網」の中で運営
④児童・生徒間のトラブルによって損害が発生した場合,加害児童・生徒(あるいはその保護者)が損害賠償義務を負う。学校の設置者に法的責任はない。


問14 学校保健安全法の内容について適切でないものを選ぶ問題
①総合的な学校安全計画を策定すること。
②各学校において,危険発生時の対処要領を策定すること。
③教職員は全員、心肺蘇生法等の応急手当を習得すること。
④警察や地域ボランティア等との連携による学校安全体制を強化。


問15国際比較学力調査について適切でないものを選ぶ問題
①IEA・OECDの国際比較学力調査は世界の多くの国々の教育政策に影響。
②IEA・OECD両方の調査で成績がトップクラスに入っているのは東アジア・東南アジアの国
③日本がトップクラスに入っているのは,学校で習熟度別指導や発展的学習が行われているから
④国際比較学力調査が意味を持つのは,知識のグローバル・スタンダード化が進んでいるから


お友達キャンペーン今週末まで継続中!
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

教育の最新事情

問14の学校保健安全法の内容について正しいものを選ぶ問題ですが、答えがいくつもあてはまるので、?と思い、教育の最新事情の傾向と対策を見たら、「学校保健安全法(誤四択)」とありました。
なので、問14は適切でないものを選ぶ問題なのではと思いました。

Re: 教育の最新事情

パンジーさん
続けて、
その通りです。
直しておきました。
ご指摘ありがとうございます!

No title

こちらの問題の解答はどこを見れば良いのでしょうか?

Re: No title

> こちらの問題の解答はどこを見れば良いのでしょうか?
もうしわけございません。
古い過去問もどきにつきましては
ブログ内に解答はしめしてございません。

No title

そうだったのですね。

問7と問8がが少し自信がないのですが、
解答は

問7 ②
問8 ③

で当たっておりますでしょうか?

Re: No title

> 問7 ②
> 問8 ③

問7は③が正解です。
校内委員会を組織するのはコーディネーターの
重要な役割のひとつです。
ちなみに通級学級に通うのは発達障害などの
特別な教育ニーズのある子どもすべて対象です。

問8は正解です。

No title

ドジ様、返答ありがとうございます。

う〜ん、、中々100点を取ることができず、苦手な問題ばかり集中して出題されたらと思うと不安です。

でも不安ばかり言っててもしょうがないので、明後日までドジ様の過去問を解きまくって、覚えられるだけ覚え込んで頑張ってきます‼︎

Re: No title

新米さま
100点取れなくってもいいじゃあないですか。
このブログの基本スタンスは、
ゆるーく、楽ーに、合格する
ですので(笑)
がんばらずに
頑張ってくださいね。
応援してます。
ドジ
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ