FC2ブログ

2011年度後期25日土曜日環境教育の実践

2011年度後期25日土曜日環境教育の実践

問1.環境教育に関する題材として、次の1~4のうちから、もっとも適切でないものを一つ選べ。
1.水や土壌に関すること。
2.物質循環に関すること。
3.資源・エネルギーに関すること。
4.地震の揺れと震度階に関すること。
正解4

問2.学校での環境教育の扱いについて、次の1~4のうちから、正しいものを一つ選べ。
1.学校での環境教育は、総合的な学習の時間の中で行うことが望ましく、小学校では、自然観察、中学校では環境調査を行うことと学習指導要領に示されている。
2.学校における環境教育は、各教科や道徳、特別活動、総合的な学習の時間等の関連を図りながら、教育活動全体の中で扱うことが望ましい。
3.学校における環境教育は、環境保全の内容のみを扱うようにと学習指導要領に示されている。
4.環境教育は、小学校低学年で身近なゴミの処理を学習し、小学校高学年になってから自然観察を通して感受性を育てることが基本である。
正解2

問3.小・中学校での環境教育のねらいについて、次の1~4のうちから、適切でないものを一つ選べ。
1.問題解決学習における発表や表現技能を高める。
2.環境に対し、気付きや疑問を基にしながら考え、表現していく能力を高める。
3.自分を取り巻く自然や社会、生活にかかわる中で環境に対する豊かな心情をもつ。
4.環境保全のために何をすべきかを考え行動したり、協力して問題を解決したりする。
正解1

問4.地域での環境教育は、様々な学習機会の提供に取り組むべきである。このことについて、次の1~4のうちから、もっとも適切でないものを一つ選べ。
1.様々な地域で、特色を持った環境に関する学習の機会が子どもたちに用意されること。
2.環境に関する学習活動についての様々な情報を、子どもたちに十分に提供する体制を整備すること。
3.家庭において、環境を大切にするこころをはぐくみ、学んだことを日常生活で実践することを促すこと。
4.子どもたちが学校、家庭、地域社会で学んだことは、それぞれの知識としてしっかり定着させること。
正解4

問5.学校で取り組む環境教育で育成すべき能力は、大きく3つ挙げることができる。次の1~4のうちから、もっとも適切なものを一つ選べ。
1.自然を愛する心情の育成、環境に対する見方や考えを育成、身近な環境に対する評価力の向上。
2.環境に対する豊かな感受性の育成、環境に対する見方や考えを育成、環境にはたらきかける実践力の育成。
3.環境に対する豊かな感受性の育成、環境破壊に対する批判力の育成、環境にはたらきかける実践力の育成。
4.環境に対する豊かな感受性の育成、環境破壊に対する批判力の育成、身近な環境に対する評価力の向上。
正解2

問6.次の枠内の文は、地域の動植物の保護について書かれたものである。文中の( )にあてはまるもっとも適切なものを、以下の1~4のうちから一つ選べ。
野生メダカやホタル等の動物は、過去において日本各地に生息していたが、今では数が少なくなっている。また、ムサシトミオ等特定の地域でしか生息しない魚もいる。さらに、盗掘等により数が減少したコマクサ等の高山植物等もある。これらの動植物を保護していく活動は、関係する地域の多くの学校が取り組んでいる。それらの学校に共通している点は、身近な環境問題を取り上げ、( )取り組んで、成果を上げている。
1.国から補助金をもらって、教職員の環境保護担当者が
2.半年から1年間の短期で、集中的に
3.総合的な学習の時間や委員会活動を活用して、地域の人たちの協力を得ながら継続的に
4.地域の自然保護団体の活動に協力する形で、学校内で担当者を決めて
正解3

問7.環境教育における重要なことについて、次の1~4のうちから、誤っているものを一つ選べ。
1.自然に親しむ心
2.自然を守る行動
3.生活スタイルを変える行動
4.便利な今の生活を守る行動
正解4

問8.環境教育の理念や考え方として、次の1~4のうちから、誤っているものを一つ選べ。
1.現在の世代にのみ配慮した視点である。
2.地域の営みときずなを深める社会・文化を目指す。
3.持続可能性を高める新しい発展の道を探る。
4.参加・協力、役割分担を図る。
正解1
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ