FC2ブログ

問1 現在の日本の教育

問1 日本の教育について正しい記述を選ぶ問題
①学力は向上している ②相対貧困率は低い  ③知識基盤社会は教育内容の高度化を要請する ④教室を閉じ、責任を明確化するのが自立した教師。

注意:問題文・選択肢は概略を紹介するものであり実際のそれとは異なります。

問題レベルB (A:講習を視聴しなければわからないだろうレベル B:講習テキストを読んでいればわかるだろうレベル C:視聴やテキストなしでもわかる常識レベル D:小学生でもわかりそうな「バカにすんな」レベル

中にはこの問題はCレベルだろうという人もいるかも。①、②ともにテキストの「2.学びの場としての学校」の1ページ目に記述されていることに関連している。PISA等の学力調査のデータは日本の「学力低下」「学びからの逃走」を示しているとある。また、日本の相対的貧困率が先進国ではトップクラスであることは最近政府機関によっても明らかになっている。でも「相対貧困率」という言い方するか?「相対的」じゃあないの?誤植?④は「教室を閉じ」というのが笑える。
この講師は「学びの共同体」の推進者のひとり。子どもの学び合い・教師の専門職としての学び合いなどの重要性を指摘していて、その「学び」論は傾聴の価値あり。
③に出てくる「知識基盤社会」というのも学習指導要領にもさかんに出てくる現代教育事情のキーワード。でも個人的にはこの言葉、うさん臭いんだよね。ICTについてこれない情報弱者を排除する臭いがして。

正解は③
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

正解は、③ではないでしょうか?

さーせーん

何をとちくるったのでしょう。ご指摘ありがとうございます。「正しいものを選ぶ」ですから③ですね。訂正します。

大変参考になりました。

鹿児島県のなかかずと申します。初めまして^^
すべての講義を視聴し終え、昨日受験票をプリントアウトしました。

20日に試験があるので、対策めいた記事をさがしていましたらこちらにたどり着きました。

多くの講義について「教職20年の人間が受ける講義じゃないなあ」と感じましたが、その中でも3章と13章には憤慨した部分が多かったです。13章の講師の方は最近の「内外教育」の中でもこの講義の内容と同様のことを書いていましたから、「教員、原告から被告へ」はこの方の一貫して主張したいことなのだと思います。おそらく今年も出題されるのではないかと感じています。

まあ良いかなと思ったのが、教育の最新事情の15章の講義でした。ピサとティムスの傾向の比較を通して、「果たして異なった学力を測っているのか検証が必要」と講師が言いのけたところに「良心」を感じ取ることができました。

スクールカウンセリング 現代の生徒指導は、これまで自分なりに研鑽して来たことと重なるものではありましたが、引用されている事例が「易しい事例」で、日頃もっと困難で複雑な事態に対応している身としてはいかにも物足りないものでした。
情報教育は多分に「我田引水」的論理構成の講義だった印象です。いずれにしろ職員室のパソコンが2台しかなく、全員が私物のパソコンで事務や授業をせざるを得ない本校では、講義の内容が優れていたとしても虚しい限りではありますが…

まだ試験を受けていず、合格した訳ではないのであまり大きなことは言えませんが…

大変参考になりましたのでひと言お礼まで

Re: 大変参考になりました。

久しぶりの書き込みです。なかかずさん、参考になったと聞いてうれしいです。次の試験も過去門分析をやろうかな、と思ってましたが、問題持ち帰り不可になったようですね。私のせいかも・・・。とにかく、試験がんばってください。応援するほどの試験でもありませんが、心より応援しております。それからせっかくコメントや質問をいただいたのに長いことほったらかしにしておいて返信できなかったことをお詫び申し上げます。すみませんでした。

No title

2014年2月に更新試験を受ける名古屋の主婦です。
このサイト、ありがたく使わせていただいております。

講義内容が古い部分もあり、事実と異なる面も出てきますね。

OECDの読解力などの結果2012年には回復傾向です。

以下ニュースより抜擢。
http://sankei.jp.msn.com/life/news/131203/edc13120322470003-n1.htm

しかしながら、講師の方の主張をくみとり、妥当な解答を導き出す・・・ということがわかりました。ありがとうございます。

Re: No title

かとうさん
コメントとフォローをありがとうございます。
ほんと、PISAの結果なんか年によって違うし、そもそもどうでもいいし、問題として出さないでもらいたいですね。
講習内容をアップデートすることは、必要なことでしょうが、ブログ管理人としては「傾向と対策」を立てるのがむずかしくなってきますね。痛し痒しです。どうせなら試験は試験と割り切って、10年間は同じテキスト、同じ問題でやればいいの。どうせ、現場で役に立たないどうでもいいことが多いんだから。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ