FC2ブログ

小学校外国語活動(英語活動)概論

小学校外国語活動(英語活動)概論
※著作権保護のため、実際の問題とは異なります。

問1 小学校外国語(英語)活動が必要な理由で,もっとも適当なものを選ぶ問題。
① 中学校からでは英語の文法や語彙を十分に教えることができないから。
② 英語を学ぶ総時間を増やしたほうがいいから。
③ 小学校から発音の練習をさせた方が身に付くから。
④ 小学校での体験学習が中学校以降の理論的学習に役立つから。


問2 英語学習初心者が、その場のコミュニケーションに役立つ英語で、もっとも適当なものを選ぶ問題。
① 基本的な単語。
② そのまま使える便利な表現。
③ 聞き取りができる簡単な英語。
④ 基本的な文法。


問3 指導体制として新しい学習指導要領に記載されているもの選ぶ問題。
① ALTが主体で、学級担任は補佐役。
② 地域人材が作成した指導案で、学級担任が単独で実施。
③ 学級担任を中心に、ALTや地域人材とチームティーチング。
④ 学級担任が中心で、中学校の英語の先生が常に補佐。


問4 国際理解教育における相互理解の活動で心がけたいことについて,適当でないものを選ぶ問題。
① 文法的にも正しい表現で話すこと。
② Whyの視点でものを見ること。
③ 日本と外国との違いを知ること。
④ 多様なものの見方あることに気付くこと。


問5 社会言語学的能力とはどのようなものか,もっとも適当なもの選ぶ問題。
① お互いの社会的背景を考慮して話す能力。
② 一人ひとりの意図を理解する能力。
③ 人間関係によってかわることばの使い方を理解する能力。
④ 場面にあったことばが使える能力。


問6 「英語ノート」の使用方法について,もっとも適当なもの選ぶ問題。
① 最後のページまで指導しなくてはならない。
② まったく使用しない。
③ 子どもが興味,関心を持つものだけを指導する。
④ それぞれの学校の実情にあわせて使用する。


問7 小学校外国語(英語)活動の指導上,注意すべきこととして,適当でないものを選ぶ問題。
① ジェスチャーなどの非言語のコミュニケーションの手段を工夫する。
② いろいろな子どもたちが一緒に活動に取り組むようにする。
③ ゲームに慣れてきたら児童が先生の代わりをして,他の児童の行動を促すようにする。
④ 児童が100%わかるようにしっかりと時間をかけて説明する。


問8 小学校外国語(英語)活動の指導体制作りとして,適当でないものを選ぶ問題。
① 指導者の研修や多様な指導者の採用により指導体制を充実させる。
② すべての学校が同じスタートラインに立っているわけではないので,各学校のこれまでの取り組みを基に,継続的な教育が可能な校内体制を整備する。
③ 小学校3・4年生の「総合的な学習の時間」での国際理解教育としての外国語活動は止めて,校内体制を整備することが大切。
④ 学校教育目標と「外国語活動」の教育目標との関係を整理し,英語活動の指導体制を作るとともに,その内容を保護者へ十分に説明する。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ