FC2ブログ

スクールカウンセリング

スクールカウンセリング
※注意 著作権の関係上、実際の問題とは異なります。

問1 不登校を「文化の病」と捉えた人を選ぶ問題。

問2 教師とスクールカウンセラーとの連携について正しいものを選ぶ問題。
①守秘義務のあるスクールカウンセラーは,児童・生徒の情報を教師に伝えない。
②スクールカウンセラーと面接をしている生徒に教師は距離を置くべきである。
③スクールカウンセラーは教師のメンタルケアにも気を配る。
④ 教師とスクールカウンセラーとは常に同じ視点で子ども理解をする。

問3 学校で重大なできごとが起きた後について正しいものを選ぶ問題。
①外傷的体験について話をしたがる生徒には話をさせないように配慮する。
②緊急事態における児童・生徒への対応は支援チームに一任すべきである。
③事故や災害など体験した者同士で語り合うことが,心の傷の回復に役立つ。
④すべての子どもは一切の心的外傷的体験に遭わないよう守られなくてはならない。


問4 不登校の近年の変化について正しいものを選ぶ問題。
① 非行との境目が不明確。
② 発達障害との関連は減少。
③ 神経症タイプの不登校の増加。
④ 困難な家庭を持つ場合が減少。

問5 発達障害への関わりの三層構造について適当でないもの選ぶ問題。
① 「この子どもの障害はどのようなものなのか」
② 「この子どもの障害を,今ここでどのようなテーマにするのが適切か」
③ 「この子どもの行動特徴の中には,発達障害以外から来ている部分もある」
④ 「この子どもの家族に障害をもつ人がいないか」

問6 保護者への対応について正しいものを選ぶ問題。
① 対応が難しい保護者は,専門機関への紹介を行う。
② 難しい保護者は,保護者自身が難しい状況にいることの現われでもある。
③ 学校教育では、保護者自身が抱えている問題に立ち入る必要はない。
④ 保護者にも理性的な対応を強く求めていくことが望ましい。

問7 保育カウンセラーの仕事について,適当でないものを選ぶ問題。
① 保護者の個別相談
② 地域の保護者の個別相談
③ 園児の問題行動のみに注目。
④ 幼児の行動観察と専門的支援。


問8 カウンセラーの全小学校および幼稚園(保育所)への配置が求められている理由で適当でないものを選ぶ問題。 
① 子どもの問題が低年齢化
② 子育てに不安な保護者の増加
③ 自信のない教師の増加
④ 幼少期のしつけ強化

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ