FC2ブログ

「異例」を体験した19冬期受講者からのメッセージ

受講期間中に新型コロナウィルス感染の広がりの中、突然、「郵送による試験」への変更を体験した先輩受講者の皆さん方からのメッセージです。感染状況によっては、今期も同様の試験形態になる可能もなくはありません。参考にしてください。
下の「コメント」をクリックすると読めます。
スポンサーサイト



2020年度夏期免許更新講習の受付が始まりました!

新型コロナウィルス感染によるパンデミック状態の中で行われた「郵送による修了認定試験」から2週間経つか経たないかで、早くも4月16日から2020年度夏期の更新講習の申し込みが始まっています。
日程は以下の通りです。

・インターネット申込み期間(※講習科目登録変更可能期間)
4月16日(木)15時 ~ 5月21日(木)朝9時
・『受講対象者証明書』郵送提出期間
4月16日(木)~ 5月22日(金)必着
・『受講登録決定通知書 兼 講習料払込取扱票』送付開始 6月第2週頃~
・講習料払込期間 払込取扱票到着
~ 6月24日(水)
・受講確認キーワード入力期間(受講期間) 
7月14日(火)10時 ~ 8月6日(木)17時
・修了認定試験日
8月22日(土)または8月23日(日)(インターネット申込み時に選択した、いずれか1日)
・修了認定試験問題公表期間
8月31日(月) ~ 9月14日(月)(予定)
・『修了(履修)証明書』送付時期
10月中旬 発送予定

*受講期間終了から修了認定試験日までが例年より長く2週間以上あるのは、この頃になってもまだ新型コロナウィルス感染が治まらず、前期同様「郵送による試験」に切り替わる可能性を想定しているのかもしれません。

毎回、受講者のみなさんの中から、「もっと早くこのブログに出会ったら、選択科目をもっとかんたんなものにしたのに・・・」という後悔の悲鳴をたくさんお聞きしております。
放送大学の免許更新講習の修了認定試験は、過去問の使い回しが基本で、過去問さえ押さえておけばOKということなので、毎回、「傾向と対策」を提供するこのブログに辿り着くことが大きなメリットになります。
ところが、昨年の夏期講習では、いきなり必修科目・「教育の最新事情」と「教育政策」がリニューアルされ、過去問がほぼちゃらになりました。「新科目」や「リニューアル科目」を選択してしまうと、おおきなハンディを背負うことになってしまう放送大学の教員免許更新(最初からこのブログなしで受講し受験する方には関係ありませんが)ですが、幸いなことにリニューアルショックから1年、これまでの例からすると今期からはいよいよ、これら2科目も「過去問モード」に移行することが大いに期待されます。
ただし、少し不気味なのは、長い間リニューアルされていない「情報教育」、「生徒指導」あたりでそろそろリニューアルが行われるかもしれないということです。これら2科目は、難易度の低い科目だけに、いったんリニューアルが起こると選択者にとってはダメージが大きいかもしれません。
そういうことを前提に、今期も、選択科目についての管理人の「主観的かつ偏向した」アドバイスを差し上げたいと思います。
まず、基本の基本は、「自分が興味があり、その分野の専門的力量を高めたいと思う」科目を選択することです。例えば後で述べるように「幼児教育」は、相対的には難易度が高い選択科目ではありますが、基本的には幼稚園教諭や保育教諭などの免許更新のために設けられた科目ですので、そうした免許をお持ちの方は、この科目を受講する意味は大きいと思いますし、他の職種の方にも内容的にもお薦めの科目です。「興味と専門性」で決める、これが選択科目を選ぶ上での王道でしょう。
しかし中にはこの免許更新講習を「10年に一度訪れる禍」とお考えの方もいらっしゃいます。免許更新制度自体の不条理性に疑問を抱いたり、たたでさえ多忙な教育現場で打ちのめされそうになったりしておられる方々です。また、育児・子育てで免許更新のための時間を十分割けないという方々も本当にたくさんいらっしゃいます。そういう方々は、「禍」をいかに「安全に」「なるべく日常に影響を与えないように」(ぶっちゃけ言えば「楽に」)やりすごしたい、と思っておられます。当然のことです。管理人はそういう方々の味方となってこれまでブログを続けてきました。「愛すべきチキン」をお持ちのみなさんの手助けです。

さて、前置きはさておいて、さっそく「楽して禍をやり過ごすための選択科目の選び方」に入ります。
とりあえず、管理人のまったくの主観で現時点で難易度によって科目をランク付してみます。

難易度1
「情報社会に対応した学校教育」
 
「スクールカウンセリング」
難易度2 
「生徒指導と教育相談」
「環境教育の実践」
難易度3 
「カリキュラム・マネジメントと学校経営」
「幼児教育」
「小学校外国語教育教授基礎論」 *テキストなし
難易度4 
「教育政策と学校の組織的対応」 
「教育の最新事情」

ということで、最初に述べた「興味や専門性」を無視した場合の、選択科目の組み合わせとしては、以下がお勧めとなります。

1.「SC」「生徒指導」「情報教育」「環境教育」
2.「SC」「生徒指導」「情報教育」「幼児教育」
3.「SC」「生徒指導」「環境教育」「幼児教育」
4.「SC」「情報教育」「環境教育」「幼児教育」
5.「生徒指導」「情報教育」「環境教育」「幼児教育」

*「幼児教育」のところをそれぞれの「興味関心」や「専門性」で、「外国語教育」や「学校経営」に入れ替えて選択科目を考えたらどうかな、と思います。

それから、土曜組(土曜日に修了認定試験を受験する方々)が良いのか、日曜組が良いのかは、もちろんそれぞれの受講生の都合にもよるわけですが、どちらにしようかと迷っている人の参考のために、次の2つの点を挙げておきます。

①このブログに集っている「日曜組」の受講生の皆さんは、土曜組の受験した様子などの情報を入手できるので、対策に役立つ可能性がある。(もちろん土日の試験内容は異なりますが。)

②「新傾向問題」(過去問ではない新しい問題)はやや日曜組の問題のほうに多い、という傾向がある。


さらに、受験科目を選ぶときに、「どれでもいい」と思っておられる方は、試験の時間割で決めるという手もあります。試験科目と試験科目との間が長すぎて間が持たず大変という声もありますし、直前の「悪あがき」のために空き時間を有効に使おうという考え方もあります。ちなみに受講生からの声によると、連続した科目の試験では、早めの着席を促されるために実質的には直前の「悪あがき」をする時間はほどんどないそうです。

以上のことについては、先輩受講者の声に耳を傾けると参考になる情報をゲットすることができるかもしれません。
ブログ内にある先輩諸氏のコメントを拾ってみてください。

先輩受講生からのアドバイス

とかなんとか言っても、迷ってしまうという方、受講にかかわる不安のある方、
メルアド付きの非公開コメントでご気軽にご相談ください。

近々、恒例の「お友だちキャンペーン」をスタートさせます。
ブログにご注目を!


「郵送による試験」・自己採点!

新型コロナ感染による超イレギュラーな「修了認定試験」の実施となった今期の教員免許更新。
昨日が「郵送による試験」の「必着〆切」となり、受講者のみなさんは、ようやくひとつ「重荷」を降ろした、というところでしょうか。

今期は、いつものような「大自己採点大会」とはいきませんが、一応、解答例をつくってみました。
ご参考までに。


土曜日組                   
教育の最新事情 3 4 2 2 4 3 1 2 4 2 1 3
教育政策 1 1 1 4 3 3 2 3 3 4 4 2
生徒指導 3 2 3 1 1 1 3 4 1 2 3 3
スクールカウンセリング 2 3 1 1 1 2 4 3 4 4 4 1
情報教育 2 3 1 1 2 2 2 1 3 2 4 3
環境教育 4 3 2 2 3 2 3 1 1 4 1 4
カリマネと学校経営 4 4 4 2 2 4 3 4 1 4 4 *4
幼児教育 1 3 1 1 3 4 1 1 2 3 1 3
小学校外国語教育 2 2 4 3 1 2 1 1 3 4 1 3

日曜組
教育の最新事情 4 2 4 2 1 3 4 3 1 2 1 4
教育政策 4 4 2 4 1 *3 3 3 2 3 1 3
生徒指導 2 4 3 3 1 3 1 4 3 1 1 4
スクールカウンセリング 2 3 3 4 2 3 4 3 1 3 3 1
情報教育 2 2 3 4 3 4 4 4 1 4 3 1
環境教育 1 4 3 2 1 1 1 1 4 4 4 4
カリマネと学校経営 2 4 2 3 1 3 2 3 1 1 4 1
幼児教育 4 4 4 4 3 3 2 2 2 4 2 2
小学校外国語教育 4 3 3 1 2 4 4 3 4 2 2 3


*印は、問題内容に以下のような瑕疵が疑われる問題でした。
土曜日「学校経営」第12問 誤四択問題で、解答が②と④と二つある?
日曜日「教育政策」第6問 問題文の「もっとも不適切なもの」は「最も適切なもの」の間違いか?


皆さんはどう思われたでしょうか?
これらを含めて、もしお気づきの点がございましたらコメント下さい。


来期に向けての参考のために、「新傾向問題」の出題状況について下記にまとめておきます。

「教育の最新事情」   
予想通り、土日とも、それぞれ12問すべて「新傾向問題」。 来期からいよいよ過去問モードに突入か?
「教育政策」      
土曜日は12問中半分の6問が過去問から、日曜日は12問中5問が過去問から、それぞれ出題。
「生徒指導」      
土曜日に、ややマイナーチェンジの「新傾向問題」が2問出題。
「スクールカウンセリング」 
すべて過去問。
「学校経営」      
すべて過去問。
「外国語教育」     
土曜日にマイナーチェンジの「新傾向問題」が1問。土曜日に「新傾向問題」が2問。
「情報教育」      
すべて過去問
「環境教育」      
すべて過去問
「幼児教育」      
土曜日に新傾向問題1問。


以上で、とんでもない非常事態の中での放送大学教員免許更新の、今期の伴走を終わります。
新学年・新学期の始まりとは言え、先が見通せない混とんとした状況の中でのお仕事、本当にご苦労様です。
どうか、どなたさまも、お身体を大切になさってください。
運が悪ければ、そして運よく管理人が生きていれば、また10年後にお会いしましょう。
その日まで、
GOOD LUCK!




プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ