FC2ブログ

「郵送による試験」って?

2月29日と3月1日の修了認定試験が新型コロナウィルスのために中止になり、「郵送による試験」に切り替わったというニュースが入ってまだ間もないのですが、「郵送による試験」ってどんなんだろう、といろいろと考えてみました。
「郵送による試験」っていうのは、普通考えれば、「試験会場で配られるはずだった試験問題用紙とマークシートが、それぞれの受講者の受講科目に応じて、受講科目分だけ送られてきて、ある期間を区切って返送する(料金別納の返信用の封筒も届く?)」ということだと思われます。
今回の中止の決定は、全国の公立学校の休校と同じように、おそらく本日中に決定されたものと思われます。ということは、これから放送大学は、全国数千人もの受講者に、受講科目を確認しながら問題用紙とマークシートを送付しなければならないわけで、気の遠くなるような作業を(アルバイトも雇いながら)強いられるわけですね。とても数日で全受講者に試験問題が届くとは考えられません。最低でも1週間はかかるでしょう。それにおそらく、問題用紙の配送ミスなんかも出て来て、それはそれで大混乱が予想されます。なんか、放送大学が気の毒になってきました。
受講者のみなさんは、落ち着かない日々が終わるのが先送りされてしまった感も否めませんよね。で、勤務されている学校現場は「休校」という異常事態でこちらもまた大混乱が予想されます。
なんか、「郵送による試験」の影の部分が不気味過ぎます。
スポンサーサイト



修了認定試験、中止!「郵送による試験」に!!

受講生のお友だちから第1報を頂きました。
あさってから始まる予定の修了認定試験が、「新型コロナウィルス(COVID-19)感染症への対応」のために、急きょ中止になり、代替として「郵送による試験」になる、という通知が放送大学の学長名で届いたようです。

○ 2 月 29 日(土)及び 3 月 1 日(日)に予定しております全国の学習センター、サテライトスペース及び学外試験場における試験を中止します。このため、当日、会場にはお越しいただかないよう、お願いいたします。
○ 試験会場における試験の中止の代替措置として、文部科学省の通知に基づき、「郵送による試験」を実施いたします。詳細につきましては、近日中に改めて講習生専用ページにて連絡いたしますので、現時点でのお問い合わせはご遠慮いただくよう、お願いいたします。


冗談が本当になってしまい驚いてますが、当然の判断だと思います。
今回の日本のCOVID-19への対応については世界中からまた国内からも批判が相次いていますよね。他国のように検査をちゃんとしないで、公表する感染人数を増やさないようにしているとしか思えないような対応をしてますから。
でも、文科省の指導もあったかもしれませんが、今回の放送大学のこの判断は立派だと思います。
全国のいたるところで少なくない人数が集まる試験ですから。

全国的に新型コロナウィルスの脅威にさらされている方々や実際感染して大変な状態にある方々がおられることを思うと、喜んでもいられませんが、とりあえず、「余分な心配と苦労をする必要がなくなった」ことだけは密かに喜びましょう。
で、通知には、代替措置として「郵送による試験」となっていますね。詳細はこれから明らかになるでしょうが、基本的には「いろいろな資料を参考に自宅で解答ができる試験」(これをはたして「試験」と呼べるのかということは置いといて)になるんでしょうね。
ていうことは、全員の合格がこの時点で確定したということでよろしいんでしょうね。
よかった、よかった。
とりあえず、管理人の役目は、今期についてはこれでほぼ終了ということになります。
「郵送による試験」の続報が届いたらまたコメントします。
プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ