FC2ブログ

「都市伝説」の根拠 最後の「気休め」

先に「気休め」の一環として、「都市伝説」、つまり、修了認定試験の評価基準の「怪」についてお話しました。
何やかんや言っても、ドジさんのただの「憶測」だろう、「都市伝説」じゃあなくて「ドジ伝説」(笑)ではないか、とお考えの方もおられるかもしれません。
ところが、私の憶測の信ぴょう性を裏付ける証拠がみつかりました。
見つかったというよりは、私が情報を集めておいて、忘れてそのままにしておいたというだけなんですが。(mOm)
それは、昨夏の先輩受講生が残した「都市伝説」にかかわる生々しい証言です。
その証言の数々をここにご紹介します。
臨場感を保つために、証言の原文をそのまま掲載させていただきますね。
最後の最後の「悪あがき」にいそしむみなさんへ、ドジさんが贈るこれが最後の「気休め」です!

・8問正解で やばいと感じていた幼児教育はA判定でした・・・^^;
・自己採点の結果、4問しかあっていなかった科目があったのですが(今年から出来た新しい科目)、Bで合格でした。絶対落としたと思っていたので、都市伝説に救われました…
・情報、環境で自己採点で恐らく2問間違えていましたが、受験した、教育事情、カウンセリング、情報、生徒指導、環境全てA○でした!
・こちらの過去問をやったお陰で、A◯合格でした。幼児教育は半分しかできませんでしたが、A判定でした。あまりできなくても、合格がもらえるのだと思います。今回特例かもですが。
・幼児とカリキュラムも含めて、全てA○でした。幼児は8問しか合ってなかったのに。都市伝説は合っているのかも。兎にも角にも、管理人様や土曜組様のおかげです。ありがとうごさいました。
・カリキュラムMは8問正解でAでした。他はマルAでした。
・結果、全て○Aで合格でした。幼児教育、外国語科目で自信ない問題や自己採点、こちらのブログでの採点大会で照らし合わせて間違っていた問題数問あったにも関わらずです。
ドジさんのおっしゃる通り、ゲタ履かせてもらったようです。
・○Aが3個とAが2個で、Aは生徒指導と幼児教育です。○A の科目はどれも全問正解ではなかったと思います。Aの生徒指導と幼児教育は明らかに幼児教育の方が間違いが多かった自信があります。多分、幼児教育の正解は8問か7問だと。ごめんなさい、かなりチキンなものです。
・自己採点で8問正解の外国語はA判定、残りの科目はⒶ判定でした。
・外国語はBでした。自己採点では、8問正解だと思います。
・落ちたと思っていたカリキュラムMが○Aでした。自信のあった生徒指導がAでした。とにかく早く記憶から遠のきたい…と、自分の解答をメモしたり覚えていたわけではないので、問題が公表になった時点で再度解く形でしたが、カリキュラムMは、8問確実に正解でした。どんな採点基準なのかは?ですが、とにかく一安心しました。
・幼児教育は、Cでした。危なかったです。正解は、5・6問だと思います。これこそ都市伝説ではないかな?自分の回答もしっかり覚えていません。あれこれ悩んでの回答で、結局どっちを選んだのか??
・私の受験した幼児教育はどうやってもA〇なはずがないので、個人的な受験の様子を伝えさせてください。(日)受験組でしたが、確かに難しく…正直二択まで絞っても答えが分からない問題が数問ありました。ですが、(土)組の状況を知りあの手この手を使い、かなり勉強したと思っております。しかしながら、最後は鉛筆転がす勢いでした…(笑)ドジ様が解答を掲載してくださり、自己採点しましたが確実に正解は6問。不正解が4問。二択まで絞って、どっちを答えにしたか記憶にない問題が2問という状況です。なので、この2問が合っていたとしてもMAX8問正解でA〇評価なのでしょうか!?不思議でなりません。


いかがでしたでしょうか?
それぞれに記憶違いや思い込み、採点間違いなどが多少織り交ざっているかもしれませんが、何となくホッとするでしょ?
いや、こんな「気休め」、読んでいる間に過去問をひとつでも多く覚えたほうがいい!
ってご自分にお厳しいのが、愛すべきチキン♥のみなさんですね。
でも「あ、こんなに間違っちゃった、ダメだ・・・」と落ち込んでも、まだまだ「徳俵」があると思うと、気休めになりません?
管理人的には、「わざと半分、間違えて、都市伝説を証明してやろう!」くらいの猛者がいると面白いんですが…(おもしろくないか)





スポンサーサイト



プロフィール

ドジさん

Author:ドジさん
教員免許更新で眠れぬ夜をお過ごしのチキンな方々に、ドジさんがお役立ちの情報をお届けします。合言葉は、
「テキトー」講習で
100%合格!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
訪問者数
カテゴリ